T-Painが観客にビーチボールをぶつけられたことに怒りライブを中断

パーティを盛り上げることに関してはお手の物であるはずのT-Painだが、ライブが上手くいかないこともあるようだ。

先週日曜日、コロラド州デンバーで開催されたB'Nai B'Rith Youth Organization(BBYO)のイベントに出演した T-Pain。大ヒット曲“Bartender”をパフォーマンスしている最中、観客の何者かがステージにビーチボールを投げ入れてしまった。ビーチボールはT-Painに直撃。そのことに腹を立てたT-Painはマイクを投げ出し、曲の途中であるにも関わらずライブを中断、そのままステージを立ち去ってしまった。

これだけではT-Painが些細なことに腹を立てているように見えるが、実際のところライブは最初から良い雰囲気ではなかったのだという。会場に居合わせたある人物が掲示板サイトRedditに書き込んだところによると、観客の中にビーチボールだけでなく様々な物を投げる人々がいたこと、また、T-Painはヘッドライナーではなかったため棒立ちで見ているだけの観客も多く、そもそも不機嫌な状態でライブを行なっていたそう。そこにビーチボールが投げ込まれ、とうとう堪忍袋の緒が切れてしまったのだろう。
Card

ライブの観客がアーティストの機嫌を良くするよう努める必要は無いだろうが、最低限皆が気持ちよく過ごせるためのマナーは守りたいものだ。

related

T-Painが投資に失敗しバーガーキングを買うために金を借りなければならなかった時期があったことを明かす

最近ではJay-Zがラッパーとして初めて億万長者となるなど、現代においてアーティストが音楽以外のビジネスを行うことはそれほど珍しいことでは無くなってきている。しかし、新規ビジネスや投資は失敗のリスクが大きいこともあり、アーティストに限らず多くの人々が苦渋を舐めてきたのも事実だ。T-Painもその一人だったようで、先週金曜日に公開されたThe Breakfast Clubのインタビューにて、その当時の話を語っている。

GeniusからT-Painの功績を紹介する記事が公開

オートチューンを用いるアーティストの走りとして一世を風靡し、現在のシーンにも影響を与え続けているT-Pain。そんな彼のキャリアと功績を紹介する記事がGeniusから公開された。

Joey Bada$$がPost Maloneの"Rockstar"のゴーストライターであることを明かす

Post Maloneが21 Savageをフィーチャーした大ヒットチューン"Rockstar"は、2人に初めての全米チャート1位をもたらしたが、この大ヒットチューンの意外な事実が判明した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。