R. Kellyが所持するシカゴのスタジオを手放すことが明らかに

ドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』が公開されて以来、過去の性的暴行の数々が明るみに出て窮地に立たされているR. Kelly。音楽業界からの追放を試みる動きが広まる中、彼が所持するスタジオを手放すことになったようだ。

今週水曜日、R. Kellyの弁護士を務めるMelvin SimsとSteven GreenbergがTMZに語ったところによると、R. Kellyのスタジオは建築法に違反しており、そのため市によって労働時間が午後9時までに制限されているという。彼はそのスタジオで”Ignition“や”Step in The Name of Love”などの楽曲を制作してきたが、労働時間の制限によって活動が困難になってしまい、別のスタジオに引っ越すことを試みているそう。

しかし、R. Kellyは現在性的暴行の告発を多くの女性から受けているため、新たなスタジオを購入することは相当に難しくなると見込まれている。今後も今まで通り音楽活動を続けていくのならスタジオを自由に使えることは必須となるが、果たして今の彼にスタジオを売るオーナーは存在するのだろうか。

R. Kellyは現在、性的暴行の被害者の証言をもとにしたFBIの捜査を受けている他、予定されていたツアーのアナウンスもSNSから削除されるなど、活動が本格的に制限されている。彼のキャリアが終わる日は、いよいよ近づいているのかもしれない。

related

R.Kellyがまたしても性的暴行によって逮捕された事が報じられる

2017年からセックスカルトなど多くの疑惑が報じられ、今年ついに10件の性的暴行罪で逮捕されたR.Kelly。保釈金を支払い釈放された後も、度々起訴されるなど余罪が疑われていた彼が、シカゴでまたしても性的暴行の容疑でニューヨーク市警察と国土安全保障省によって逮捕された事をNBC New Yorkが法...

R. Kellyが新たに11件の容疑で起訴される | 最高で30年の服役の可能性も

今年3月、以前から報じられていたセックスカルトに関する10件の性的暴行罪で100万ドル(約1億1200万円)の保釈金を払い釈放されたR. Kelly。そんな彼が今回新たに11件の容疑で起訴されたようだ。

R. Kellyが保釈金や家賃未払いによって銀行口座を差し押さえられ貯金を失う

先月、10件の性的暴行罪で起訴され100万ドル(約1億1200万円)の保釈金を払い釈放されたR.Kelly。性的暴行罪以外の様々な罪状によって罰金の支払いを命じられているが、彼の貯金ではそれらの金額を支払い切れなかったようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。