Lil Nas Xがラッパーになる以前のTwitterアカウント「NasMiraj」について語る

“Old Town Road”が史上最も長く全米シングルチャート1位を記録した楽曲となり歴史に名を残したLil Nas X。そんな彼はラッパーになる以前からTwitter上で人気のアカウントを運営していたことが知られているが、その時期の活動についてインタビューで語っている。

XXLによると、Lil Nas XはPaperのインタビューに対しTwitter上でホットなトピックやミームを紹介するアカウント@NasMirajを運営していたことについて明かしている。そこで「俺はネットではポジティブでいようとしている。何年も前にやってたことの多くは行き過ぎていたと思うよ。今はプラットフォームを持ってるから、人を傷つけたりクレイジーになりすぎることをしないようにしなきゃね」と語り、以前はネットで人を傷つけてしまうような言動をとっていたことを認める姿勢を見せた。

@NasMirajアカウントはイスラム教徒や同性愛者を差別するような発言をしばしば行なっていたため現在は凍結されており、その時代を知る物たちの間でLil Nas Xの楽曲を聴かないようにする#LilNasXIsOverPartyという運動が盛り上がったこともあった。彼自身も同性愛をカミングアウトしたことで批判を浴びた際に「もう批判は受けてるよ。何年もインターネットをやってきた中で、俺もああいうネガティブな人間だった。だから怒ってないし、彼らがあんなリアクションをすることも理解できる。ただ、俺もジョークで返すよ」として自身の言動を省みていたが、現在の彼がヒップホップコミュニティのマッチョイズムを批判しゲイを受け入れるよう呼びかけているのも、そのような時期から彼が人間的な成長を遂げたことを表しているのだろう。

自身がゲイであることを批判する人々についてLil Nas Xは「俺が意地悪な人たちとやり合えるのは、俺自身が彼らのことを理解してるからだ。俺も理由なく意地悪なことを言うことがあった。人がそういうことを言うのは、その日のことしか考えてないからだ。俺もその後のことを気にしてなかった。でも、そこから何が得られる?」としている。自らの失敗を認識することで人は前に進めるのかもしれない。

ヘイトや差別は決して許されるものではないが、ネットでは今日もそのような言動を考えなしに行なっている人が多く存在する。それらが無意味であることを理解し成長したLil Nas Xのように、全員が自分自身の言葉について改めて考えることが必要なのではないだろうか。

related

EminemをフリースタイルなどでディスするムーブメントがTikTokで流行|Lil Nas Xが苦言を呈する

セレブたちの問題行動や問題発言を取り上げ、その人物をボイコットする「キャンセルカルチャー」は、力を持つセレブや企業に対する抑止力として働くと同時に、小さな事柄がその人物の進退にまで影響を与えること、そして本質的かつ効果的でない方向に過激化していることが問題視されている。今回、Eminemが若いネットユーザーからキャンセルの標的とされていることが大きな話題を呼んでいる。

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

Lil Nas Xがアルファベットを学べる絵本『C Is for COUNTRY』を執筆

“Old Town Road”や『7』以来まとまった作品をリリースしておらず、新作を待たれているLil Nas X。そんな彼が、なんと児童書を執筆し出版する予定であることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。