ANARCHYの初監督映画『WALKING MAN』の予告編が公開 | T-Pablow、WILYWNKA、Leon Fanourakisなども出演

ANARCHYによる初監督作品『WALKING MAN』が、10/11(金)から新宿・バルト9他全国で公開されることになった。野村周平が主演する本作の予告編が公開となった。

予告編では不幸と極貧のどん底の中、ラップに出会うことで、“歩き出す”勇気をもらう気弱で心優しき主人公のアトムが、ラップと出会ったことで報われない現状や自己責任論を押し付ける世間に対して「なめんな!」という魂のセリフを発し、物語が大きく動く様子が描かれている。ANARCHY監督自らが作詞を手掛ける劇中歌"Promise"、"なめんな"、"WALKING MAN"の3曲が印象的に盛り上げる。T-Pablow (BAD HOP)、WILYWNKA、Leon Fanourakisなど人気ラッパーの出演も発表となった。

Info

『WALKING MAN』

野村周平 優希美青 柏原収史 伊藤ゆみ 冨樫 真 星田英利 渡辺真起子 石橋蓮司
監督:ANARCHY 脚本:梶原阿貴 企画・プロデュース:髙橋ツトム
主題歌:ANARCHY "WALKING MAN"(1% | ONEPERCENT)
制作プロダクション:ブロードマークス 配給:エイベックス・ピクチャーズ
製作:映画「WALKING MAN」製作委員会 (C) 2019 映画「WALKING MAN」製作委員会

配給:エイベックス・ピクチャーズ

https://walkingman-movie.com/

RELATED

SEEDAのアルバム『花と雨』が原案の映画 『花と雨』の予告編が公開

SEEDAのアルバム『花と雨』を原案とし、新進俳優の笠松将が主演を務める映画『花と雨』。1/17(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで全国公開される同作の予告編が解禁となった。

デニス・ホッパーによる『ラストムービー』が31年ぶりに劇場公開 | 予告編も公開

1988年に公開されたハリウッドの異端者にして鬼才のデニス・ホッパーによる革命的傑作『ラストムービー』が31年ぶりに劇場公開が決定した。

ブラジルのグラフィティアーティストをテーマにしたドキュメンタリーの上映が決定

ブラジルのグラフィックアーティストを半年間取材したドキュメンタリー映像作品がブックギャラリーポポタムで10/25(金)から上映される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。