Lil Nas XがBobby Caldwellの1982年の曲”Carry On”を盗作したとして訴えられる

先日、全米シングルチャート史上最も長く1位を記録した楽曲の一つとなった”Old Town Road”で一世を風靡しているLil Nas X。そんな彼に対して、The Music ForceがBobby Caldwellの1982年の曲”Carry On”を盗作したとして提訴しているそうだ

原告側は、Lil Nas Xが無許可でBobby Caldwellの”Carry On”をサンプリングし、様々なプラットフォームで公開している事を取り上げ、Caldwellの楽曲が1983年に著作権で保護されている事を指摘した。すでにYoutube上で400万回以上再生されているLil Nas Xの“Carry On”だが、「欲深く、悪意に満ちた行動だ」と原告側は強く非難している。

また、最近Lil Nas Xと契約したSonyもThe Music Forceに提訴されており、未だ解決には至っていない。「SonyはLil Nas Xの成功から何百万ドルもの収益を享受する機会を維持する事が、(今回の件よりも)はるかに重要であったため、Sonyはこの違法で不正な侵害を阻止するための行動をとらなかった」とLil Nas Xを野放しにしたSonyに対しても批判している。原告側は今回のLil Nas Xの行動によってCaldwellのイメージに大きく傷をつけたとして、2500万ドルもの損害賠償を求めている。

related

EminemをフリースタイルなどでディスするムーブメントがTikTokで流行|Lil Nas Xが苦言を呈する

セレブたちの問題行動や問題発言を取り上げ、その人物をボイコットする「キャンセルカルチャー」は、力を持つセレブや企業に対する抑止力として働くと同時に、小さな事柄がその人物の進退にまで影響を与えること、そして本質的かつ効果的でない方向に過激化していることが問題視されている。今回、Eminemが若いネットユーザーからキャンセルの標的とされていることが大きな話題を呼んでいる。

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

Lil Nas Xがアルファベットを学べる絵本『C Is for COUNTRY』を執筆

“Old Town Road”や『7』以来まとまった作品をリリースしておらず、新作を待たれているLil Nas X。そんな彼が、なんと児童書を執筆し出版する予定であることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。