Lil Nas XがBobby Caldwellの1982年の曲”Carry On”を盗作したとして訴えられる

先日、全米シングルチャート史上最も長く1位を記録した楽曲の一つとなった”Old Town Road”で一世を風靡しているLil Nas X。そんな彼に対して、The Music ForceがBobby Caldwellの1982年の曲”Carry On”を盗作したとして提訴しているそうだ

原告側は、Lil Nas Xが無許可でBobby Caldwellの”Carry On”をサンプリングし、様々なプラットフォームで公開している事を取り上げ、Caldwellの楽曲が1983年に著作権で保護されている事を指摘した。すでにYoutube上で400万回以上再生されているLil Nas Xの“Carry On”だが、「欲深く、悪意に満ちた行動だ」と原告側は強く非難している。

また、最近Lil Nas Xと契約したSonyもThe Music Forceに提訴されており、未だ解決には至っていない。「SonyはLil Nas Xの成功から何百万ドルもの収益を享受する機会を維持する事が、(今回の件よりも)はるかに重要であったため、Sonyはこの違法で不正な侵害を阻止するための行動をとらなかった」とLil Nas Xを野放しにしたSonyに対しても批判している。原告側は今回のLil Nas Xの行動によってCaldwellのイメージに大きく傷をつけたとして、2500万ドルもの損害賠償を求めている。

RELATED

Lil Nas Xが少年時代に自身のセクシュアリティに対して感じた苦しみを明かす

“Old Town Road”で全米チャートの歴史を塗り替える19週連続1位という記録を達成し、さらに6月の終わりに自身のセクシュアリティをカミングアウトして話題を呼んだLil Nas X。そんな彼が、ゲイであることによって少年時代に苦しい思いをした経験を明かしている。

Young M.AがLil Nas Xのカミングアウトについて「賢いやり方だった」と語る

“OOOUUU”でブレイクを果たし、またレズビアンであることを公言していることでも知られるラッパーYoung M.A。そんな彼女が、先日ゲイであることをカミングアウトし話題を呼んだLil Nas Xについての持論を語っている。

Anderson .PaakがLil Nas Xの“Old Town Road”をカヴァー

今年の上半期、良くも悪くも最も話題を攫ったのは間違いなくLil Nas Xの“Old Town Road”だろう。17週連続で全米シングルチャート1位を獲得するなど、文字通りアメリカ全土を席巻した同曲だが、Young Thugらが参加したヴァージョンなど多くのリミックスがリリースされたのも印象深い。そんな中、Anderson .Paakが“Old Town Road”をカヴァーし、話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。