RAWKUS RECORDS時代のKOJOEの貴重な初期音源『RAWNIN』が12年越しにCD化決定

KOJOEは今年2月に公式オンラインショップの開設と共に『J.STD presents Kojoe “DemoTape” CROSSTALK - episode.1 BUPPON』をリリースし、即完売させた。

今回第二弾アイテムとして2007年にNYの名門レーベル、RAWKUS RECORDSから「RAWKUS 50」と名付けられた、新鋭アーティスト50組のアルバムをデジタル配信リリースするプロジェクトにKOJOEが日本人として唯一抜擢されてリリースした、『RAWNIN』が登場する。

国内外で活躍する存在となった現在のKOJOEとは異なり、ほとんどの日本人がまだ彼を知らなかった2007年当時、QUEENSのストリートからその熾烈な競争を己の声だけで戦い抜き、この栄誉ある切符を勝ち取ったKOJOEの当時の音源をチェックしてみてはどうだろうか。

Info

artwork by hide052

RELATED

owlsのアルバム『Blue Dream』のリリースパーティーが2月に開催 | MONJU、Jin Dogg、KOJOE、BES、MEGA-Gなども出演

GREEN ASSASSIN DOLLARとrkemishiによるユニットowlsのデビューアルバム『Blue Dream』のリリース・パーティが2/10(月・祝前日)に渋谷SOUND MUSEUM VISIONにて開催される。

【パーティースナップ】DOGEAR RECORDS|日本のHIP HOPシーンを築き上げてきた間違いのないメンバーとファンの熱量

今回FNMNL編集部もイベントに参加。写真と共にイベントをレポートしていく。もはや恒例となりつつある参加者と出演者のスナップを行ったので最後までチェックして貰いたい。

Kojoeによるビートテープシリーズ第三弾『Joe’s Blvd』が本日リリース

ディガーの間で話題を呼んでいるKojoeによるビートテープ・シリーズ。毎月1つのテーマに基づいてKojoeならではの世界観を提示する人気シリーズの第三弾は『Joe’s Blvd』と題し、新旧含めあらゆる車種を各タイトルに配置した作品に。 ハイウェイでのドライブを思わせる爽やかなビートや渋い夕陽...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。