RAWKUS RECORDS時代のKOJOEの貴重な初期音源『RAWNIN』が12年越しにCD化決定

KOJOEは今年2月に公式オンラインショップの開設と共に『J.STD presents Kojoe “DemoTape” CROSSTALK - episode.1 BUPPON』をリリースし、即完売させた。

今回第二弾アイテムとして2007年にNYの名門レーベル、RAWKUS RECORDSから「RAWKUS 50」と名付けられた、新鋭アーティスト50組のアルバムをデジタル配信リリースするプロジェクトにKOJOEが日本人として唯一抜擢されてリリースした、『RAWNIN』が登場する。

国内外で活躍する存在となった現在のKOJOEとは異なり、ほとんどの日本人がまだ彼を知らなかった2007年当時、QUEENSのストリートからその熾烈な競争を己の声だけで戦い抜き、この栄誉ある切符を勝ち取ったKOJOEの当時の音源をチェックしてみてはどうだろうか。

Info

artwork by hide052

RELATED

田我流やKojoe、OZworld a.k.a. R’kuma、BLACK SMOKERSが出演し『波の上フェスティバル』が11月に沖縄で開催

昨年12月に沖縄 波の上うみそら公園特設会場で初開催された『波の上フェスティバル』。沖縄のローカルストリートカルチャーを集結させ全国各地からアーティストも出演したフェスにはおよそ6,000名が来場した。

Kojoeがゲストを迎え制作したデモをカセットテープでリリースするシリーズの第2弾に¥ellow Bucksが登場

BUPPONをフィーチャーして初回販売分、再販分共に瞬く間に完売となったKojoeによるデモテープシリーズ『J.STD presents Kojoe “DemoTape”CROSSTALK』の第2弾が公開となった。

KOJOEが¥ELLOW BUCKSをフィーチャーした新曲"Wake Waka Run"をリリース

最近ではプロデューサーとしてもその才覚を発揮しているKOJOEが、ラップスター誕生サードシーズンで見事優勝し今をときめく¥ELLOW BUCKSをフィーチャーした新曲"Wake Waka Run"をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。