Young Thugが「Lil Nas Xはゲイだってことをカミングアウトするべきではなかった」と語る

先月末に初めて自身のセクシュアリティを公言したことで大きな話題を呼んだLil Nas X。彼のカミングアウトにはポジティブな反応が多く寄せられたものの中には心無い誹謗中傷もあったが、その一件について “Old Town Road”の新たなリミックスバージョンに参加したYoung Thugが持論を述べている。

Adam22による人気Podcast『No Jumper』に出演したYoung Thugは、Lil Nas Xのカミングアウトに尋ねられ「俺は、たぶん彼は世界にそのことを言うべきじゃなかったと思う。最近はクソ野郎どもがジャッジしてくるだろ。音楽については見向きもされなくなって、曲が出てもみんな“このゲイ野郎”ってなると思うんだ」と、彼の音楽自体ではなくセクシュアリティに注目が集まってしまうことを理由にカミングアウトに苦言を呈している。しかしその後は「彼は若いし、批判はありとあらゆる所から来る。でも悪いアイデアではないと思う。タイミングは完璧だった。あれはギャングスタの行動だ」と語っており、6月のプライドマンスの終わりにカミングアウトを行なったこと自体は称賛に値すると考えているようだ。

Young Thugはドレスなどを身にまとうフェミニンなスタイルでシーンに影響を与え、その反動で大きなバッシングを浴びた経験を持っている。かつてはファッションが原因で父親に殴られた経験も持っていることから、先の発言もLil Nas Xの身を案じての物だったのだろう。

Lil Nas X本人はインターネット上で自身へのバッシングを行う人々について「気持ちは分かる」と語っており、それらの批判にユーモアを持って反応するなど強い姿勢を保ち続けている。未だにLGBTに対する差別や偏見が存在する中で戦うLil Nas Xが人々にポジティブな影響を与えることは間違いないだろうが、ヒップホップシーンの厳しい現状を実感させられるニュースであった。

Young Thugが登場する『No Jumper』の全編はこちらから観ることが出来る。

RELATED

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

Lil Nas Xが少年時代に自身のセクシュアリティに対して感じた苦しみを明かす

“Old Town Road”で全米チャートの歴史を塗り替える19週連続1位という記録を達成し、さらに6月の終わりに自身のセクシュアリティをカミングアウトして話題を呼んだLil Nas X。そんな彼が、ゲイであることによって少年時代に苦しい思いをした経験を明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。