Young Thugが父親にファッションが原因で殴られた過去を明かす

ラッパーのYoung Thugが最新作『Jeffery』で使用した女性用のドレスを着た自身の写真は衝撃的だった。しかしThugにとってはそれは衝撃的でもなんでもないことだ。

今年Calvin Kleinのプロモーションムービーに出演した際も「ドレスを着ても、バギーパンツを履いたとしてもどっちでもギャングスターはギャングスターだ。ジェンダーなんてないとおれは感じてるよ」とのコメントを動画内で残している。

そんなThugの最新インタビューがBillboardに掲載されている。Thugは『Jeffery』のカバーアートで着用していたドレスについて「神がおれに授けたものだ」と運命的な出会いだったと明かしている。

Thugは「スワッグということになると、ジェンダーは関係ない」と再度自身のスタンスについても言及。先日報じられた婚約者Jerrika Karlaeとの「(結婚式には)2人の花嫁がいるだろう」とミステリアスな発言を残している。これはYoung Thug自身もウェディングドレスを着るということか、はたまた本当に2人目の花嫁が存在するのかは判明していないが、Thugのスタンスからして前者の可能性が極めて高そうだ。

また「12歳の時に足がとても小さかったから妹のピカピカの靴を履いていたら、父に殴られて、お前は学校に行くな、家族の恥さらしだ」と言われたが「おれは他人のクソな意見なんて気にしたことはない」とThugが昔からファッションについて独自の美学を持っていたこともわかった。

Billboardのインタビューはこちらから全文が読める。

RELATED

21 SavageがFutureとYoung Thugはラップの楽曲のうち9割にクレジットされるべきだと語る

FutureとYoung Thugといえば、その独特なフロウとワードセンスを武器に今のトラップを中心とするヒップホップシーンに大きな影響を与えてきた。そんな中、両者とのコラボ経験もある21 Savageが、彼らが現在のシーンの楽曲の9割にクレジットされるべきだと語っている。

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。