【コラム】SKATELOG by hakase Vol.1|CHUNKY SHOES

突然ですがみなさんこんにちは。Diaspora Skateboardsというスケートボードクルーで、滑るだけ担当をしているhakase(ハカセ)と申します。この度ご縁がありまして、FNMNL様にてコラムを書かせて頂く事になりました。このコーナーは、スケートボードには興味がある、あるいはファッションは好きだけど、詳しいことはいまいちわからない、マニアックなネタはちょっと、という読者の方にもわかりやすく読める、スケートボード関連のファッションやカルチャー、トレンドについて、毎回テーマを絞って解説させて頂くコーナーです。

そして第一回目となる今回のテーマは、「CHUNKY SHOES」です。いきなりなんじゃそりゃ?って声が聞こえてきそうですが、そんな方々にこそぜひ読んで頂きたいと思います。少し長くなりますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

文:hakase

写真:Cho Ongo

さて、最近ボリュームのあるスケートシューズが再燃しています。ここ10年、スケートシューズといえば、いわゆるバルカナイズドソールと呼ばれる薄型のソールを使用したローテクタイプが主流でした。代表的なもので挙げるとすればVANSのオールドスクールや、コンバースのオールスターなどを想像してもらうとわかりやすいかと思います。

これらのシューズの特徴やメリットは、無駄を省いたシンプルな構造で、スケートボードを素足感覚でコントロールすることが可能ということがまず第一に挙げられます。また、見た目の面においても、近年流行のハイウォーターパンツ(丈の短いパンツ)などと相性がよく、現在では一般的に広い範囲のスケーターに受け入れられているタイプとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sean Pablo is one of my biggest inspiration. Happy Birthday $P 🌹 ————————————

Daniel Dujsíkさん(@danieldujsik)がシェアした投稿 -

皆さんご存知のsean pablo。

しかしここへ来て最近、DCなどの元祖スケートシューズブランド達が、90年代後半から2000年代前半にかけてブームだったハイテクスケートシューズ全盛期の名作を復刻させ即完売になるなど、約20年の時を経てこれらのごついフォルムのシューズの人気が再燃しています。これらのシューズは本場アメリカでは"CHUNKY"(チャンキー、分厚いの意)シューズと呼ばれていて、踵にエアを搭載していたり、タンが極厚だったりと、足を守ることや耐久性を高めることで、機能性を重視した構造となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomorrow we drop the #LYNXOG #SIXTHSENSE colorway. 🎥: @rbumali #DCHERITAGE / @joshkalis / @dcshoes

DC Skateboardingさん(@dc_skateboarding)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

D32001 black / white / green #osirisskateboarding #osiris #osirisshoes

OSIRISさん(@osirisshoes)がシェアした投稿 -

先程紹介した薄型ローテクタイプのスケシューと比べて、板が足に当たっても痛くなさそうですよね?トリック時に摩耗する側面やソール部分も分厚いことで耐久性も大幅にアップし、着地の衝撃からも守ってくれます。しかし一方で、分厚さゆえに足裏で感じるスケートボードと足の間隔は遠くなります。複雑かつ難解に回転する板を正確にコントロールするためには、指先の繊細な感覚がカギとなります。つまり、分厚いCHUNKY SHOESは、スケートがかなりやりづらいです!ではなぜそんなやりづらい靴がまた再燃しているのでしょうか?

ここ最近は、スケーターファッションと言われるものの中で、先ほどでもふれたVANSなどのローテクシューズと、ディッキーズなどのワークパンツを、ロールアップしたりカットオフしたりするスタイルが定番化し、街でも見かける機会が増えました。しかし、一度流行してしまうとやりたくなくなるのがスケーターのあまのじゃくなところ。そこで次なるトレンドとして今流行し始めているのが、リーバイスのシルバータブの様なアイスウォッシュのバギージーンズです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

😤😤😤

johnshanahanzさん(@johnshanahanz)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

When the gamo to loose 💁🏻‍♂️

Etienneさん(@etiennnnnnnne)がシェアした投稿 -

もしかすると、これを読まれている方の中にはすでにそんな感じのジーンズを履いている方もいると思います。しかし一方で、「え、それって一昔前のダサいやつじゃん?」と思う方もいるでしょう。そうです、そのくらいの絶妙なタイミングで、ダサいと言われていたものをオシャレに着こなしていくのがイケてるスケーターの条件なのです。そしてそんなアイスウォッシュデニムの足元に相性ばっちりなのが、今回のテーマのCHUNKY SHOESなのです。

仮にあなたが、「スケーターといえばディッキーズVANSでしょ」とイメージしていたとします。そこでスケートパークで滑っている時に、バギーなアイスウォッシュにCHUNKYシューズを履いたスケーターが入ってきたとしたらきっと、「あんな靴履いてやりづらそうだな」と思うでしょう。しかしそのスケーターが滑り出した途端に、空気が一変。あんなにやりづらそうな靴を履いているのに、そのパークにいる誰よりも上手かったとしたらどうでしょうか?きっと誰もが「あんなやりづらそうな靴履いてるのに上手い!かっこいい!」となるわけです。
また、本来このようなバギーパンツにCHUNKY SHOESのスタイルは2000年前後に流行したスタイルなので、2019年にもなるとそんな時代を知るはずもない若いスケーターがほとんどです。つまりその格好をするということは、同時に元ネタを知って通なスケーターである事の証明にもなるのです。

 


DCといえばこの人。バギーパンツにボリュームのあるシューズを履いたスタイルで全世界に影響を与えたレジェンドJosh Kalis。今年、およそ20年の時を経て彼のファーストシグネチャーモデルが復刻。大きな話題を呼び、即完売となりました。


ブームの火付け役とも言うべきJohn Shanahan。彼が復刻ではないオリジナルのDCを履いてスケートしていたことが再燃する大きなきっかけとなりました。


ローテクなシューズも履いていますが、バギージーンズにアディダスがクールなHeitor Da Silva。ちょっと前にPalace Skateboardsに加入したことでも話題に。

さて少し長くなってしまいましたが、なんとなくCHUNKY SHOESが再燃している理由がおわかりいただけましたでしょうか?難易度の高いトリックができる=かっこいいではないのがスケートボード。どれだけ上手でもアスリートみたいなピチピチのトレーニングウェアを着ていたらカッコ悪いですよね。どんなスタイルで滑るかもスケートボーディングの重要な要素となります。多少のやりづらさよりも見た目のカッコよさを優先してしまう、そんなスタイルありきなスケートボードだからこそ、いつの時代もストリートのファッションをリードするのはスケーターなのかもしれません。

 

PROFILE

hakase

長野県出身。Diaspora Skateboardsのメンバー。あだ名のhakaseは、詳しい方の博士ではなく、ひょっこりひょうたん島の同名キャラクターが由来。

hakase Instagram

Diaspora Skateboards

Diaspora Skateboards Instagram

RELATED

Diaspora skateboardsの2019AW LOOKが公開

GAPやUMBROをはじめとするグローバルブランドから、JazzySportやVainl Archiveといったドメスティックブランドとのコラボレーションでも注目を集め、東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsから2019AWのLOOKが公開となった。

Diaspora skateboards × THE STRAIGHT AND NARROW|スイスで撮影されたLOOKが公開

東京を中心に活動するスケートレーベル「Diaspora skateboards」と、スイスのスケートレーベル「THE STRAIGHT AND NARROW」のコラボレーションアイテムがFNMNL STOREにて9/22まで受注予約受付中だ。

【インタビュー】Diaspora skateboards|From Somewhere to Everywhere

東京を中心に活動するスケートレーベル「Diaspora skateboards(ディアスポラスケートボーズ)」と、スイスのスケートレーベル「THE STRAIGHT AND NARROW(ザストレイトアンドナロー)」のコラボレーションアイテムがFNMNL STOREにて予約受付中だ。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。