Lil Nas XのEP『7』が全米アルバムチャートで初登場1位になる見込み

“Old Town Road”で記録的なヒットを飛ばし、一躍スターとなったLil Nas X。そんな彼が満を辞してリリースしたEP『7』が、やはり大きな注目を集めているようだ。

Complexが報じるところによると、『7』は来週発表されるBillboardの全米アルバムチャートで初登場1位になることが予想されているという。Hits Daily Doubleは『7』がBillie Eilishの『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』と首位を争うこととなり、また同作がリリース初週に70000回の再生と4000〜7000のセールスを挙げるとしている。

Lil Nas Xは“Old Town Road”だけの一発屋になるのではないか、との声が多く上がっていたことでも知られているが、彼が“Old Town Road”に続いて発表した新曲“Panini”のMVは既に800万回再生を突破している。楽曲自体もTake-A-Daytripのエモーショナルなビートの上にスキルフルなラップが載ったもので、Lil Nas Xのラッパーとしての本来の実力を知らしめるものとなっている。

「一発屋」の汚名を返上し、ラッパーとして着実にキャリアを重ね始めているLil Nas Xの動きには、今後も注目し続けるべきだろう。

RELATED

Lil Nas Xが自身のカミングアウトについてのKevin Hartからの質問に対し答える

全米シングルチャートにて自身の楽曲“Old Town Road”が前人未踏の19週連続1位という大記録を達成し、一躍スターの仲間入りを果たしたLil Nas X。そんな彼が今年の7月、LGBT月間に合わせて自身がゲイであることをカミングアウトし大きな話題となったのは記憶に新しい。そして今回、彼はHBOの人気企画『The Shop』に登場。その予告映像が公開されている。

全米カントリーチャートから除外されたLil Nas Xの“Old Town Road”がカントリーミュージック協会賞を受賞する

今月、見事全米チャート1位を19週連続で走り続け、前代未聞の記録を達成したLil Nas Xの“Old Town Road”。今年3月にはApple Musicのカントリーチャートなどで1位となっていたものの、Billboardが「カントリーミュージックとして十分な要素を含んでいない」として同曲を全米カントリーチャートから除外する事が報じられ話題となった。

Billie EIlishの“bad guy”が全米チャート1位となりLil Nas X“Old Town Road”の連続1位が終わる

先月末に17週連続1位という全米チャート始まって以来の記録を樹立し、歴史に名を刻んだLil Nas Xの“Old Town Road”。その後2週間に渡って1位に残り続けた同曲が、今週のチャートでついに3位にまで落ちたことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。