Lil Nas XのEP『7』が全米アルバムチャートで初登場1位になる見込み

“Old Town Road”で記録的なヒットを飛ばし、一躍スターとなったLil Nas X。そんな彼が満を辞してリリースしたEP『7』が、やはり大きな注目を集めているようだ。

Complexが報じるところによると、『7』は来週発表されるBillboardの全米アルバムチャートで初登場1位になることが予想されているという。Hits Daily Doubleは『7』がBillie Eilishの『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』と首位を争うこととなり、また同作がリリース初週に70000回の再生と4000〜7000のセールスを挙げるとしている。

Lil Nas Xは“Old Town Road”だけの一発屋になるのではないか、との声が多く上がっていたことでも知られているが、彼が“Old Town Road”に続いて発表した新曲“Panini”のMVは既に800万回再生を突破している。楽曲自体もTake-A-Daytripのエモーショナルなビートの上にスキルフルなラップが載ったもので、Lil Nas Xのラッパーとしての本来の実力を知らしめるものとなっている。

「一発屋」の汚名を返上し、ラッパーとして着実にキャリアを重ね始めているLil Nas Xの動きには、今後も注目し続けるべきだろう。

RELATED

The Neptunesが再始動しLil Nas X、Jay-Z、Lil Uzi Vertらと共に制作をしていることが判明

2000年代のヒップホップシーンにおいて多大な人気を誇り、今なお大きな影響を与え続けるプロデューサーデュオThe Neptunes。そんな彼らが今回待望の再始動を果たし、制作を行っていることが明らかになった。

Lil Nas Xが自身の悲しみに対する対処法を語る

“Old Town Road”の大ヒットによって、文字通り今年の顔となったLil Nas X。最新EPの『7』もグラミー賞にノミネートされ、名実ともにスターの仲間入りを果たした彼だが、そんな彼も1人の人間。常に幸せなわけではないようだ。今回、Lil Nas Xは自身のTwitterで、悲しみへの対処法を明かしている。

Lil Nas Xの“Old Town Road”が2019年のカントリーミュージック協会賞を受賞

史上最も長く全米シングルチャート1位を記録するなど、今年を代表するヒット曲となったLil Nas Xの“Old Town Road”。カントリーの要素を取り入れた同曲は当初全米カントリーチャートにランクインしたものの後にランキングから外される、といった騒動でも話題を呼んだが、そんな“Old Town Road”が今回アメリカのカントリーシーンで最も権威ある賞の一つであるカントリーミュージック協会賞(CMAアワード)を受賞した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。