ストリーミングサービスへの違法アップロードによって推定300億円の損失がアーティストとレーベル側に与えられている可能性

ストリーミングサービスが浸透し、多くの音楽ファンが利便性を享受した一方で、様々な違法な利用が生まれている様だ。

Rolling Stoneによると、Hopeless Recordsの創設者であるLouis Posenはストリーミングサービスへの違法アップロードによって、推定300億円の損失がアーティストとレーベル側に与えられている可能性がある事を主張した。ストリーミングサービスが普及した昨今では、違法アップロードは無視できないものとなっている。

Posenは初めに、自身のレーベルからリリースされたある楽曲が6つのプレイリストに追加された後、3日間連続して1日に35000回も再生されていた事に気付き、不可解に感じたという。調査に乗り出したPosenは「プレイリストは最近作成されたもので、1週間の内に多くのフォロワーを獲得していました。しかし、それ以来フォロワーが増える事はありませんでした。そして、これらは全て3日間で行われるのです。」と、作成されたプレイリストが再生回数を獲得するためだけに、何者かによって作為的に作られたものではないかという可能性を示唆した。

また、最も問題とされているのがプレイリストへのハッキングだという。デジタル配信の匿名のソースによると「プレイリストはネットワークを構築しており、何百万のリスナーへのアクセスが可能」となっており、「アーティストはそのプレイリストに自身の楽曲を加えるためにお金を支払っている」そうだ。しかし、Posenは何者かが「プレイリストが音楽を配信していない際に、プレイリストのアカウントをハッキングし、そのアカウントから違法アップロードの楽曲が配信している可能性がある」と話す。

Posenは「私たちはFacebookや他のソーシャルメディアの様に、後ろ盾を伴わずに急成長したテクノロジーを扱っている」と、急速に普及したストリーミングサービスに対して慎重になる必要性を取り上げ、「ストリーミングサービスは急成長を遂げた一方で、プラットフォームの悪用を防ぐリソースを持ち合わせていない」とストリーミングサービスの脆弱性についても言及した。

そして、世界のストリーミング再生の3~4%が偽物、あるいは違法なものだとPosenは主張し、「まだ理解されていないものであり、レーベルやアーティストと話をしても彼らは自分達のポケットから金を抜かれているという感覚を持っていない」と、当事者ですら違法アップロードなどへの理解が進んでいない現状を危険視している事を明かした。

related

「新型コロナウイルスの影響でストリーミングサービスの再生回数が減少している」との調査結果が発表

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスことCOVID-19。一部の国では他者との濃厚接触を避けるために外出制限がなされ、音楽を始めとするエンターテイメント産業への影響も指摘されてきた。一方でユーザーが自宅にいる時間が増えることで音楽ストリーミングサービスにとっては利用時間を増やすチャンスとなるのでは、との見方も存在していたが、そんな中COVID-19がストリーミングサービスにも打撃を与えていることを明らかにする調査が発表された。

2019年のアメリカのストリーミング収益が2017年の全ての音源での収益を超えたと発表

ここ数年の間、ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になったことは言うまでもない。特に欧米ではほとんどのリスナーがApple MusicやSpotifyなどのサービスを使用しており圧倒的な普及率を誇っているが、今回、アメリカの音楽業界全体での昨年のストリーミング収益が2017年の約2倍を記録したことが発表された。

「25歳以下の音楽ファンの内15%がアルバムを通して聴いたことがない」とする調査結果が発表

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になり、プレイリストや楽曲単位での聴き方が主流となりつつある昨今。それに伴いアルバム単位で音楽を聴く人が減ったとの意見も頻繁に見られるが、今回、若いリスナーがどのように音楽を聴いているかを調査した結果が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。