TOGAのランウェイミュージックも手がけるBRFがTasho Ishi名義で新作をリリース

東京を代表するファッションブランドTOGAのランウェイミュージックの作曲、The Trilogy Tapesのブログにも取り上げられた『BRF-KU EP』などで知られるBRFが、Tasho Ishi名義で、イタリアの先鋭的電子音楽レーベルPresto?! recordより、フルアルバムをリリースする。

Lorenzo Senni率いるレーベルからリリースされる新作『Dentsu2060』は、オリンピックイヤー2020年に向けた、限りなく壮大な世界観を夢想する電子音楽が9曲収録。ニューエイジやアンビエント、サウンドトラックなどのジャンルでは括りきれない、聴き手によって受け取り方の違う、今までにない手触りを感じることのできる作品になっている。

またタイトル曲の"Dentsu2060"のミュージックビデオも公開。Baconの活動やUKのオンラインラジオNTSでのDJミックスなどで世界的に知られるpooteeと、立体作品やCGの展示活動だけでなく、ドメスティック・ファッションブランドMANのデザイナーとしても活動する奇才fukinが担当している。

〈アーティスト本人によるアルバムコンセプト及び楽曲解説〉
東京の建物、ファッション、イルミネーション、広告。それらによる不可抗力の刺激とストレスが無意識下に表出された「サイエンスファンタジーシンフォニア楽章」。9曲全てが異なるシチュエーションを想起させる楽曲で構成される「サウンド・トレンディドラマ」である。

表題曲「Dentsu2060」の後半部の演奏は、武満徹「ノーベンバー・ステップス」の演奏で知られる薩摩琵琶師、鶴田錦士の再召喚。超集団と超個人の精神イルミネーティブ交響曲。

「Satoshi Nakamoto」は、中国深圳のドキュメンタリー、サトシ・ナカモトの表情、JG Ballard『Crush』を連想させる。意識膨張Erectile Dysfunction Funk。キックはここでは挿入されない。

「I Always Still Yakuza」は、パークハイアット新宿52階で録音された「ラグジュアリーフィールドレコーディング」である。映画『Lost in Translation』と同じ空間アンビエンス。トランスヤクザのポエトリー。

「Children of Bodom」は、ヴァンゲリス調のオリンピックの聖火リレー風EDM(Electric Dream Muzak)。「Dentsu2060」は東京ルミナリエのような巨大なスケールの都市型エピックソング。万博、オリンピックで使われればいいなと思います。

「Window of Honey Trap」は、Tinder Concreteのレガシーである。ハニートラッパー達が奏でる天使のささやき声と悪魔の嘲り声の自主オートチューン声楽、マクドナルドでのフィールドレコーディング、フォーリーなどで構成される超現代メロドラマ。そしてマキシマイズされたロマンチックシンドロームのリフレインが延々と続く。

「Chase The Rainbow Bridge」は、レインボーブリッジからお台場までのドライブのために考案された。また漫画『イニシャルD』にもインスパイアされている。

Info

Release date: 2019/6/21
Label: Presto!?
Cat no.: P!?033

Tracklist:
1.Dentsu2060
2.Birdland
3.Windcoat
4.Satoshi Nakamoto
5.I Always Still Yakuza
6.Children of Bodom
7.Toshi
8.Window of Honey Trap
9.Chase The Rainbow Bridge

http://prestorecords.com/

related

BRF a.k.a. Tasho Ishi、Tamanaramen、Speedy lee genesisによるショーケース『BTS』が下北沢SPREADで開催

BRF a.k.a. Tasho Ishi、Tamanaramen、Speedy lee genesisの3組によるショーケース『BTS』が下北沢SPREADにて開催される。

Tasho Ishiの東京凱旋パーティーに1-DRINK、okadada、Christophe Charlesなどが出演

Lorenzo Senni率いるPresto!?からのアルバム『Dentsu 2060』が話題となったTasho Ishiによるパーティー『L.O.L.』が、4/10(土)に開催される。

バンクーバーのデジタルフェスNFDに東京から参加したTasho IshiとAndry Adolpheによるパフォーマンスのアーカイブ映像が公開

毎年バンクーバーにて3日間に渡り開催されるデジタルアートと電子音楽のフェスNew Forms Festival。今年はパンデミックを受けNFD(New Forms Digital)と名前を変えオンラインで開催された同イベントから、Andry AdolpheによるDJセットとTasho Ishiによるライブセットの映像アーカイブが公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。