NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

選手の代わりに相手チームの選手と舌戦を繰り広げるDrakeは、ウォリアーズのファンにとっては天敵といえる存在なのだろう、ウォリアーズの本拠地ベイエリアのラジオ局KBLXでDrakeの楽曲が放送禁止になったとThe Mercury Newsが伝えている

ラジオ局のディレクターのElroy Smithは、「ウォリアーズに対するDrakeのひどい行動を受け入れることはできないし、傍観者になることもできない」と今回の決定について話しており、「ウォリアーズをサポートするためにDrakeの音楽を捨てることは喜ばしいことだ」と3連覇をかける地元チームへの愛ゆえの行動だと述べている。

コート外でも白熱する今年のNBAファイナル、果たして勝つのはDrakeの呪いだろうか、はたまたウォリアーズがそれをはねのけるのだろうか。

RELATED

Spotifyが2019年および2010年代の音楽シーンを振り返るランキングを発表|Drakeが2010年代に最も多く再生されたアーティストに

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyが、2019年および2010年代の音楽を振り返るランキングを発表した。

Diploが「Twitterで言ったジョークのせいでDrakeに嫌われた」と明かす

先日はTyler, The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』にサプライズゲストとして出演したもののブーイングを浴びたことが話題となったDrake。トップアーティストとして多大な人気を誇る一方でビーフや人間関係上のトラブルを数多く抱えることでも知られる彼が、とある理由でDiploのことを嫌っていたようだ。

Tory LanezがCamp Flog Gnawでブーイングを受けたDrakeを「お前の出る幕は無かった」とからかう

先日開催されたTyler, The Creator主催の音楽フェスCamp Flog Gnaw。その2日目のヘッドライナーは事前の告知では伏せられており、多くのリスナーはここ最近動きが活発化してきたTylerの盟友Frank Oceanの出演を期待していた。しかし、実際のサプライズゲストはA$AP Rocky、Lil Uzi Vert、Drakeの三人。Frank Oceanを期待していた観客はDrakeのライブ中にブーイングを浴びせ、それを受けたDrakeが出番の途中でステージから姿を消してしまったことが話題となった。そんなDrakeが受けた気の毒な扱いについて、同郷であるトロント出身のラッパーTory Lanezが語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。