独自のドローイングスタイルに注目が集まるBIENによる展覧会がCORNER PRINTING KGで開催

東京・中野のCORNER PRINTING KGで、東京を拠点に活動するアーティストBIENの展覧会『THINKING BOOK / CIRCUIT MAZE』が5/25(土)から開催される。

1993年生まれのBIENはストリートカルチャーやアニメーションやフィギュアから影響を受けており、これらの文化の持つ様々な表現様式を受け継いだ抽象絵画制作やインスタレーションを展開しているアーティスト。

この展示では全800ページのノートブックの販売を予定。BIENとKGの共同制作によりリソグラフ印刷された数百点にも及ぶドローイングからは、作家に影響を及ぼしたストリートやキャラクター文化が垣間見えるさまざまなモチーフのほか、作家自身の図像の見いだし方を知ることができる。さらにノートブックの制作と構想に基づいたインスタレーションも設置され、平面と空間の両方でBIENの世界観を味わうことができる。

描くこと、線を引くことは誰にでもできる。
誰が上手いとか、下手とかなくて、ただそれぞれの個性は出るかもしれない。
そこから自分の道を探してみる。こんなによっぽど開かれていることが面白い。
​BIEN

Info

イベント名:BIEN "THINKING BOOK / CIRCUIT MAZE"
日時:2019.05.25[土]-06.07[金] *水曜日休廊
会場:CORNER PRINTING KG 〒164-0001 東京都中野区中野3丁目 47-14
詳細ページ:https://www.kg-cornerprinting.com/bien-soloshow

related

アナログノイズやファミコンのバグへの関心を元に自身の表現を行う岡田 舜の個展『砂嵐』がgallery communeで開催

アナログノイズやファミコンのバグなど初期のデジタル現象に関心を持ち、デジタルとアナログの中間を探るような絵画表現を行っている岡田 舜による個展『砂嵐』が、東京・幡ヶ谷のgallery communeで11/20(金)から開催される。

彫刻家・小畑多丘の平面作品のクロニクルとなる初の作品集が刊行

国内外から注目を浴びる彫刻家・小畑多丘のドローイングをはじめとした平面作品のクロニクルとなる初の作品集『Spectrum of the Move』が刊行される。

soh souenによる個展『ささやかな叫び A Modest Scream』が原宿のギャラリーThe Massで開催

藤原ヒロシの最新作『slumbers 2』のジャケットも手がけた福岡在住のアーティスト桑園創(クワゾノ・ハジメ)が、soh souenに名義を一新し初の個展『ささやかな叫び A Modest Scream』を原宿のギャラリーThe Massで開催する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。