T.I.がNipsey Hussleの死を「アベンジャーズからアイアンマンがいなくなるようなもの」と語る

ヒップホップシーン全体に衝撃を与えたNipsey Hussleの突然の死。それから一ヶ月以上が経過した今、T.I.がNipsey Hussleの功績について改めて語ったことが話題となっている。

Complexによると、今週水曜日にワシントンDCにて開催されたカンファレンスに出席したT.I.は、「Opportunity Zone」と呼ばれる貧しい人々が住む地域への投資を呼びかけるスピーチに登壇。そこで、地元コミュニティのために様々な活動を行ってきたことで知られたNipsey Hussleについて「Nipseyが、個々で素晴らしいことをしている人々をコミュニティのために団結させ、大きな影響を与えるアイデアの発案者だってことはみんな知ってる。俺たちが団結するには、多くのコミュニティに俺たちの努力をもっと広めなければいけない」と、コミュニティの団結にNipsey Hussleがいかに大きく貢献していたかを指摘。続けて、貧しい人々に投資をするグループについて「俺たちは投資のアベンジャーズだ。ここにNipseyがいないのは、アベンジャーズからアイアンマンがいなくなるようなものだ」と、計画に彼の存在が不可欠だったことを独特の比喩で表現し、追悼を行なった。

Kodak BlackがNipsey Hussleの恋人であったLauren Londonに不謹慎な発言を行ったことやFox Newsのレポーターによる発言を強く批判していたT.I.だが、もしも彼が生きていればともにビジネスをしたいとも考えていたようだ。

それにしても、公開から時間が経ったとはいえ大ヒットを続けている『アベンジャーズ/エンドゲーム』をT.I.は観たのだろうか?

related

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

故Nipsey HussleのパートナーLauren Londonが彼が残した影響や銃による暴力について語る

昨年4月に銃撃を受けて命を落としたNipsey Hussle。生前の彼のパートナーであったLauren LondonがWeb番組『Red Table Talk』に出演。そこでNipsey Hussleが命を落とす原因となった銃による暴力について語っている。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。