現代ピクセルアートの世界を一望する書籍『ピクセル百景』が6月に刊行

ピクセルアートの最前線をまとめた初の作品集『ピクセル百景』が6月10日に発売される。

新時代のアートとしてグローバルに盛り上がるピクセルアートはネット、インディーゲームのみならずデザイン、ファッション、広告などさまざまな領域へと急速に広がりつつある。本邦初の作品集となる同書では作品のみならず作品制作の考え方やプロジェクトの背景に取材、専門家による論考や関連イベント主催者へのインタビューを通じ、ピクセルアートを多角的に捉えている。

現代ピクセルアートの最前線を国内外のクリエイター約50組の作品、インタビュー、論考で一望する同書を是非ご覧になってみてはいかがだろうか。

info

書名:ピクセル百景
サブタイトル:現代ピクセルアートの世界
体裁:B5判、並製、256ページ
発行:グラフィック社
ISBN978-4-7661-3272-4
定価:本体2,700円(税別)

第1章
豊井祐太、waneella、TIKI、APO+、モトクロス斉藤、せたも、Zennyan、珊瑚、うつろぶね、Matej ‘Retro’ Jan、Merrigo 、furukawa

第2章
m7kenji、BAN-8KU、EXCALIBUR、くつわ、ta2nb、soapH、今川伸浩、M. Nishimura、シロス、cocopon 、Mr. ドットマン

第3章
大月壮、有栖川ドット、日下一郎、重田佑介、点/ten_do_ten、YACOYON、ヘルミッペ、Galamot シャク、Raquel Meyers、たかくらかずき、服部グラフィクス

第4章
Chucklefish(『Starbound』)、Eric Barone(『Stardew Valley』)、ユウラボ、楢村匠(NIGORO『LA-MULANA』)、張舒鳴(Askiisoft『天国の塔』)、Bodie Lee(LunarRayGames『Time Spinner』)、おづみかん(『果てのマキナ』)、河野渓(はちのす『SOULLOGUE』)、ウマー(『Remain On Earth』)、Aarne Hunziker(『Cyber Shadow』)、Pixpil Games(『Eastward』)、Christopher Ortiz(Sukeban Games『VA-11 Hall-A』)、Eduardo Fornieles(Studio Koba『Narita Boy』)、Tim Soret(Odd Tales『The Last Night』)

メディア:Pixel Art Park、SHIBUYA PIXEL ART、TOKYO PiXEL、Pico Pico Cafe

論考:gnck「技術的制約から美学的条件へ」、今井晋「現代のゲームとピクセル表現」

related

クエンティン・タランティーノにも影響を与えた漫画家・上村一夫の展示が代官山蔦屋書店で開催

45歳という若さで亡くなりながら『修羅雪姫』や『同棲時代』などの作品で名を残す漫画家の上村一夫の生誕80周年プロジェクトとして、アートエキシビジョン『manazashi』が代官山蔦屋書店にて7/24(金)から開催される。

Koji Yamaguchiによる個展『見えている、見えていない』がSALT AND PEPPERで開催中

NYから日本に活動の拠点を移したアーティストKoji Yamaguchiが、個展『見えている、見えていない』を東京・恵比寿のSALT AND PEPPERで開催中だ。

グループ展『GLOBAL POP UNDERGROUND』がPARCO MUSEUM TOKYOにて開催

渋谷の現代アートギャラリーNANZUKAのキュレーションによるグループ展『GLOBAL POP UNDERGROUND』がPARCO MUSEUM TOKYOにて、7月4日(土)から7月26日(日)の間、開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。