Offsetが自身を盗撮しようとしたファンのスマホを叩き落したことで逮捕状を出される

アーティストを街で見かけた際に盗撮しようとしてアーティストとのトラブルが発生することは多い。以前はEarl Sweatshirtが自身を撮影しようとしたファンの携帯をはたき落したことが報じられたが、それと全く同じ行動に出たOffsetが思わぬ危機に瀕しているようだ。

先月23日、アトランタのショッピングモールで買い物をしていたOffsetを見かけたJunior Gibbonsという18歳の少年がスマホで彼を撮影しながら「よおOffset」と声をかけたところ、激昂したOffsetにスマホを叩き落とされてしまった。その後少年の母親がTwitterにその動画を投稿し、息子のスマホが割れてしまったとして抗議。さらに彼女がスマホの弁償を求めて警察に通報を行なったことも伝えられた

XXLによるとOffsetは昨日、少年のスマホを壊した罪で警察によって逮捕状を出されてしまったという。ジョージア州の法律では500ドル以上の他人の持ち物を故意に壊した場合刑事事件として扱われるようで、少年のスマホの値段が800ドルだったために逮捕される可能性が浮上したようだ。

もちろんアーティストはアーティストである前に一人の人間であるため、許可を得ず勝手に撮影する行為は決してあってはならないことだ。しかし上の動画のように強く携帯を叩き落とすことも同じくあってはならないことなので、今回の件に関してはやりすぎてしまったOffsetにも問題があったと言える。

またしても法的なトラブルを抱えてしまったOffsetだが、好きなアーティストと裁判で争うという悲しい思い出を作らないためにも、アーティストの盗撮は絶対にしないようにしたいところだ。

RELATED

Cardi BとOffsetが愛娘Kultureちゃんの誕生日パーティに40万ドルを費やす

一時は離婚の危機に瀕していたものの無事に復縁し、上手くやっている様子のCardi BとOffset夫妻。そんな二人の愛娘であるKultureちゃんの1歳の誕生日パーティが先週土曜日に開催され、その豪華さが話題となっている。 Cardi BとOffsetはニューヨークの巨大な会場を貸し切ってパー...

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

Offsetが23年越しに実の父親と和解

Cardi Bとの間に生まれたKultureちゃんを含め4人の子供の父親であるOffset。そんな彼が、長らく複雑な関係にあった自身の実父と感動的な再会を果たしたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。