フェスと旅をテーマにしたガイドブックが発売

フェスと旅をテーマに海外の音楽フェスに特化した、今までにない新しいガイドブック『THE WORLD FESTIVAL GUIDE 世界の海外フェス完全ガイド』が発売された。

著者は、日本最大の音楽フェス情報サイト「Festival Life」の編集長を務め、100 以上の海外フェスを旅した津田昌太朗。数多くの海外フェスに実際に足を運んだ筆者ならではの目線で、40 カ国・120 以上の海外フェスを取り上げ、フェスの臨場感を味わえるオフィシャル写真に加え、現地で撮影したオリジナル写真も多数収録されている。

また海外フェスに参加する際のハウツーのほか、フェス会場周辺の観光情報も満載。カリフォルニアで開催される人気フェス「コーチェラ」では、会場内の情報はもちろん、ロサンゼルスやパームスプリングスの定番観光スポットから音楽好きにおすすめのショップなどをピックアップし、それらを踏まえた1 日の過ごし方も紹介。さらに海外フェスシーンで活躍するコムアイ(水曜日のカンパネラ)、DJ KSUKE のインタビューも掲載されており、フェス好き・旅好きも楽しめるガイドブックとなっている。

 

 

info


THE WORLD FESTIVAL GUIDE – 海外音楽フェス完全ガイド
発売:2019年4月24日(水)
定価:1,600円+税
仕様:単行本(ソフトカバー)180ページ
出版:いろは出版
https://hello-iroha.com/new_item/the-world-festival-guide/

related

新しい時代のジェンダーとしなやかな男性のあり方を模索した書籍『男らしさの終焉』が発売

ターナー賞アーティストであり、異性装者(トランスヴェスタイト)としても知られるグレイソン・ペリーが、新しい時代のジェンダーとしなやかな男性のあり方を模索した一冊『男らしさの終焉』を発売した。

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

ヴェイパーウェイヴの世界初となるディスクガイド『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』がDU BOOKSより発売

2010 年代初頭のインターネット上に突如現れ、80〜90年代のさまざまなカルチャーを内包しつつ独自に発展を遂げるジャンル「ヴェイパーウェイヴ」。その誕生から現在までを紐解くディスクガイド『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』が、DU BOOKSより12月6日に発売される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。