Lil Uzi Vertの新曲“That’s A Rack”のミュージックビデオが公開

今月半ばにリリースされたLil Uzi Vertの新曲の一つである“That’s A Rack”のMVが公開された。

“That’s A Rack”はLil Uzi Vertの長く待たれている新作『Eternal Atake』に収録されると見られている楽曲で、トラックはフィラデルフィアのクルーWorking On Dyingによるもの。MVは「ストリングスのアタックはいらない」という歌詞をなぞるかのように、裸の女性たちが弦楽器を手に持ちながら演奏せずにいる様子が印象的な作品となっている。

Lil Uzi Vertは所属レーベルGeneration Nowとの契約問題を抱え引退宣言まで行っていたが、Jay-ZのレーベルRoc Nationとマネージメント契約を結んだことで再び活動を再開。“That’s A Rack”と“Sanguine Paradise”の二曲は活動再開後初のオフィシャルリリースである。

さらに先日、Chief KeefがInstagramにて「兄弟と曲を作ってるぜ」としてLil Uzi Vertとの楽曲のティーザーを公開していた。

View this post on Instagram

Me and My brother coming real soon Hoes

A post shared by Chief Keef (@chieffkeeffsossa) on


こちらがどのような形でリリースされるかはまだ不明だが、活動を再開し勢いを増す彼への期待は高まるばかりだ。

待望のニューアルバムへと着実に歩みを進めているLil Uzi Vertの動きに今後も注目である。

RELATED

Lil Uzi Vertが「正直に言って『Eternal Atake』がいつリリースされるか分からない」と発言

昨年よりリリースが予告され続けていたLil Uzi Vertの最新作『Eternal Atake』。レーベルとの契約問題によって一時は引退を宣言しつつもRoc Nationとの契約によって活動を再開しアルバムへの強い期待を寄せられ続けている彼だが、同作のリリースが不安になるようなニュースがまたもや飛...

Lil Uzi VertがNardwuarのインタビューからまたしても逃走

昨日のRolling Loudでまさに本領発揮とも言うべきライブを披露したLil Uzi Vert。そんな彼に、カナダの名物インタビュアーであるNardwuarが昨年以来一年ぶりとなるインタビューを行なった。

Lil Uzi Vertの新曲を手がけたプロデューサーが「『Eternal Atake』には11の別バージョンがある」と明かす

レーベルGeneration Nowとの契約問題によって楽曲をリリース出来ない状況に陥りながらも、Jay-ZのレーベルRoc Nationとのマネージメント契約を結び待望の新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”をリリースしたLil Uzi Vert。そんな彼のリリースが待たれる新作『Eternal Atake』について、新曲のビートを手がけたプロデューサーが驚くべきことを語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。