Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

メンフィスの伝説的ヒップホップグループThree 6 Mafiaの元メンバーであるDJ Paulが、自身のフレーズをTravis Scottに不正利用されたとして訴訟を起こした。TMZが報じるところによると、“NO BYSTANDERS”で用いられる“Fuck the club up”というフレーズがThree 6 Mafiaの代表曲“Tear Da Club Up”のフックの剽窃であるとDJ Paulは主張しているという。

さらに、Travis Scottがグラミー賞授与式でのパフォーマンスで“Tear Da Club Up”というフレーズをそのまま用いたことも問題にされている。

DJ PaulがComplexに発表した声明によると、彼は「Travis Scottと俺はこの問題について個人的に触れてきて、彼も彼なりに状況に向き合っている。全ては彼とJuicy J、そして俺の間で解決される問題だ。ビーフじゃない、ただのビジネスなんだ」として、個人的な確執ではなくあくまでコピーライトの正当な報酬を要求しているにすぎないことを強調している。

“Tear Da Club Up”はサウスのヒップホップのファンであれば誰もが知るほどの有名曲であり、『Astroworld』はDJ Screwなどサウスのヒップホップアーティストへのリスペクトに満ちた作品であるため、恐らくTravis ScottもThree 6 Mafiaへのオマージュとしてフレーズを引用したと推測出来る。ヒップホップにおいては他のアーティストの歌詞を引用することが珍しくなく、DJ Paulの厳しい態度はやや意外なところだ。こういったサンプリングはグレーゾーンであることが多くヒップホップマナーの中で個々の判断が下されるが、DJ Paulは自身が報酬を受け取る正当な権利を持っているという考えなのだろう。

訴訟問題は法律上の手続きを超えたレベルでの確執に発展しやすいが、Travis ScottもDJ Paulも大人な態度で問題に向き合っているようで一安心といったところだろうか。

RELATED

Travis ScottのドキュメンタリーがNetflixで8月28日に公開予定

昨年、サードアルバム『Astroworld』をリリースしてからというもの、今や押しも押されぬスターの1人となったTravis Scott。そんな彼のドキュメンタリーがNetflixで公開されることが明らかになった。

Travis Scottの“Sicko Mode”の構造とダブの関連性を解説した動画が公開

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。そのリード曲である“Sicko Mode”は3種類のビートをスイッチする構造や独特なサウンドでシーンに大きな影響を与えたが、そんな同曲の構造を丁寧に解説する動画がVoxから公開された。

Travis Scottがライブ中に現在収監されているA$AP Rockyへのエールを叫ぶ

一般人に絡まれたことで乱闘騒ぎを起こし、それによってスウェーデンで拘束を受けているA$AP Rocky。それを受けて、Travis Scottがライブ中に彼へのエールを叫んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。