Geniusが「Industry Plant」という概念について解説する動画を公開

インターネット上でバイラルヒットした新人アーティストの楽曲が、登場から短時間でチャートの1位になることが珍しくない昨今。突如として出てきた新人アーティストたちに対してしばしば「Industry Plant」という批判が向けられるが、Geniusがその概念について解説する動画を公開している。

「Industry Plant」とは自然にヒットしたように見せかけて、実はレーベルなど業界の後押しを受けてヒットしたアーティストのことを言う。日本語では「ゴリ押し」などが近いだろう。Geniusに動画ではそのような批判を受けたJuice WRLD、Chence The Rapper、Billie Eilish、Rauryなどのアーティストを取り上げ、若くして活動し短期間で人気を得たアーティストが「Industry Plant」と呼ばれやすいとしている。EpicなどでA&Rを務めるJermain Peguesは「俺が高校生の頃から“Industry Plant”って言葉はあった。みんな俺たちがナンバー1ヒットを作り出してると思ってるみたいだけど、どうやってそんなことをやるんだ?」と、レーベルによってヒットチャートを操作することは不可能であるという当たり前の事実を説明している。

また、Cardi Bは2つのミックステープの後“Bodak Yellow”をきっかけにブレイクしたが、彼女がチャートを操作している疑惑をかけられた事例も紹介されている。以前ScHoolboy Qが「チャートを操作出来る機械の名前を教えてくれ」と発言したことを取り上げたが、やはり人為的にチャートが操作されることは無いようだ。

さらに登場時から誰のサポートも受けずに活動していることをアピールしていたYoung Dolphが、後に「2015年からレーベルと契約していた」と告白した事例も取り上げ、独自にファンベースを築き業界からのサポートを受けないことを重視する価値観が「Industry Plant」という概念を作り出したとGeniusは説明している。

リスナーにとっては謎の多いチャートのシステムやアーティストのヒットの構造だが、そこに業界の陰謀のようなものはやはり存在しないようだ。インデペンデントなアーティストは好まれることが多いが、ある程度のサポートを受けることはどんなアーティストのビジネスや活動にとっても必要になるはずだ。Geniusの動画の全編はこちらから観ることが出来る。

related

Geniusが歌詞の不正利用疑惑を巡るGoogleとの裁判に敗訴

現在のラップやポップミュージックのファンにとっては重要なツールの一つとなっているGenius。単に歌詞を確認するにとどまらず、その裏側に隠された意味なども知ることが出来るありがたいサービスだが、そんなGeniusがGoogleとの裁判に敗れたことが報じられている。

Nujabesがローファイヒップホップに与えた影響を解説する動画がGeniusから公開

今年で10周忌を迎えた日本のビートメイカーNujabes。彼が現在のローファイヒップホップシーンに与えた影響を解説する動画がGeniusから公開された。

睡眠研究の専門家がBillie EilishやJuice WRLDの楽曲に登場する「明晰夢」を解説する動画がGeniusから公開

昨日、突然の訃報で世界中のファンに衝撃を与えたJuice WRLD。彼の代表曲といえば恋人との別れを歌い上げた“Lucid Dreams”だが、タイトルの由来となった現象「明晰夢」を睡眠研究の専門家が解説する動画がGeniusから公開されている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。