Frank Oceanが自身の音楽制作の過程について考察

先日、GAYLETTERにて公開されたFrank Oceanのロングインタビュー。インタビューでは好きなアート作品や、趣味、恋愛など幅広いトピックについて触れられているが、その中で彼は自身の音楽制作についても語っている。

自分だけで音楽を制作するのと、他のアーティストとともに制作するのとどちらが簡単か聞かれた彼は「それは俺がやっていることによるね。もし、俺が歌詞を書いているとすれば、俺は一人でいる必要がある。もし、ライブだったりレコーディングをしているとすれば、俺は一人でいないといけないか、エンジニアのCalebといる必要がある」と、その時にOcean自身が置かれている状況によって違ってくると語った。

彼は例として、A$AP Rockyの最新アルバム『Testing』に収録されている自身が参加した楽曲“Purity”を挙げている。「“Purity”が良い例だね。俺がセッションに行ったとき、RockyはLauryn Hillのサンプルを聞かせてくれた後、俺に歌って欲しい部分をオープンスペースとして開けてくれた。俺はちょうどその時に歌詞とビートを即興でまとめることを始めた。それは俺がやるべきことだからね」とあくまでも彼は自分自身の色を出すことを意識しているようだ。

続けて彼は「長い間制作をした後でも、俺はその曲の興奮から離れて、次の自分自身の作業に取り組むことが出来る。そして、俺が言いたいことを言ったり、メロディのアイデアを言ったりするだけで、それは誇張されてしまうんだ。それは少しリスキーだよね」とも語っており、自身の言動の持つ影響力に自分自身も気を付けなければと考えているそう。

確かに、Frank Oceanは自分自身の楽曲はもちろんのこと、他のアーティストとコラボした楽曲でも自分自身の世界をうまく作りだしている印象がある。上記のような考え方を持っているからこそ、コラボしたアーティストに喰われることなく自身の世界観を作り出すことに成功しているのかもしれない。

related

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

来年のCoachellaのヘッドライナーはTravis Scott、Frank Ocean、Rage Against The Machineか?

4/10(金)〜4/12(日)、4/17(金)〜4/19(日)と2週連続で開催される来年のCoachellaのヘッドライナーについて、Us Weeklyが内部情報を得たと報じている。

"DHL"のプロデューサーであるBoys NoizeがA$AP Rockyを通じてFrank Oceanと出会ったことを明かす

00年代を代表するドイツ出身のエレクトロアーティスト、Boys Noize。最近ではFrank Oceanの久しぶりにリリースされた新曲“DHL”やA$AP Rockyの“Babushka Boi”にプロデューサーとして参加するなど、シーンを跨いでの活躍が目立つ彼がFrank Oceanとの楽曲制作を振り返っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。