【ミニメールインタビュー】釈迦坊主|TOKIO SHAMANに向けたインドからの手紙

"耽美系エモトラップ”という枠組みを作ったとしても収まりきらない、謎に満ちたスタンスで活動を続けるラッパー釈迦坊主。渋谷WWWで5月に行われるイベント「TOKIO SHAMAN vol.5」に向けた意気込みを訊くためにメールインタビューを行った。すると本人はインドにいるという。旅行中の合間を縫って、簡単な質問の返信をもらった。また、彼の感性に近付くために、Spotifyのプレイリストも預かったので、イベント前に御一聴を。

取材・文:高岡謙太郎

- 前回の記事の反応はいかがでしたか?

釈迦坊主 - 自分の事を面白がってくれる人が増えましたね。

- インタビューの最後にトロントに滞在すると仰っていましたが、先日まで入院されたそうですね。何があったのか教えていただけますか?

釈迦坊主 - 肺に穴が空いたり喉に腫瘍が出来たりかなりダルかったです(笑)。入院のせいで予定がグチャグチャになっちゃって、結局トロントは7月か8月かそれくらいに行くことにしました。あと入院中ってめちゃくちゃ暇じゃないですか? 暇すぎて思想が何周もしちゃって、何故か今インドにいます。

- 最近はどういった生活をされていますか?

釈迦坊主 - インドにはいますが、曲作ったり、ゲームしたり、現地の人と戯れたり、目的もなくだらだら延々と散歩したり、日本にいる時と大して変わらない平凡な生活を送っています。もちろんインドなので危険な事も多々ありますが…(笑)。

その中で、本当の意味での自由を学んでいます。1ヶ月くらいインドにいるので、5月5日のTOKIO SHAMANでは若干スパイシーな香り(不思議な食生活による不思議な体臭)がする釈迦坊主を楽しめると思います。

- 今後のリリースなどありますか?

釈迦坊主 - 今2ndアルバムを作ってます。ただ、かなり大掛かりな物になりそうなので、アルバムの前にEPをリリースします。もうそろそろ完成しそうなので、間に合えば4月中のリリースを考えてます。今回も全てセルフプロデュースで作っていますが、トラックメイク、ラップ、ミキシング、もう一度、一から見つめ直して技術を磨いたので、クオリティの部分に関しても期待してて欲しいです。

- 今回のTOKIO SHAMANのコンセプトや見どころを教えてください。

釈迦坊主 - 少し規模が大きくなったぐらいで、今回のTOKIO SHAMANも今まで通りと変わらないです。コンセプトは特にないんですよね。最近色々聞かれますが、東京で今ホットな奴らを集めたいだとか、海外に向けて世界基準のイベントにしていこうだとか、若い子達の居場所だとか、新世代のイベントだとか、そういうのどうでもいいんです(笑)。俺は俺を楽しませる事にしか興味がないんです。その上で、ブッキングを承諾してくれる出演者の皆さん、足を運んでくれるお客さん達にはいつも本当に感謝しています。

- A-Thugさんをスペシャルゲストに招いていますが、どういった経緯でしょうか?

釈迦坊主 - TYOSiNさん繋がりです。A-Thugさんのライブが見たいからブッキングさせて頂きました。

- 最後に意気込みを聞かせてください。

釈迦坊主 - リスナーにとって釈迦坊主はただの娯楽の選択肢の一つなんで、釈迦坊主の気分になった時に、全力で釈迦坊主を提供できるように、己をもっともっと極めていきたいと思います。

Info

TOKIO SHAMAN vol.5

日付:2019.5.5(sat)
時間:Open 14:00/Close 20:00
場所:渋谷WWW
値段:前売り¥3000+1D 当日¥3500+1D

未成年入場可

https://www-shibuya.jp/schedule/010973.php

SPECIAL GUEST LIVE

A-Thug

LIVE

shaka bose 釈迦坊主
Anatomia
TYOSiN
Tohji
Sleet Mage
Gokou Kuyt×who28
Sid the Lynch
YUNGYU
Kaine dot Co
OKBOY×Dogwoods
fox4G
Iida Reo×Yuta Nimura
YUNG HIROPON
Salvador Mani
TYOGhOST
Showy
TrillLen
AJAH
BUGGBAZAR
Forest55
カナリナ
gummyboy
gAwn
Tokyo Invaders

DJ

HIGH-TONE
マザーファッ子
Chu-BEI
stei
lIlI
risako
Bambi
SALI CHANMODE
$hirutaro
BANKEN

VJ

球根栽培

RELATED

【インタビュー】MIYACHI|日本でもアメリカでも一番になりたい

MIYACHIは2017年にYouTubeで発表した“BAD & ブジ”で突如シーンに登場した。この曲はMigos“Bad and Boujee”のリミックスだが、多くの人を驚かせたのはその言語感覚だった。

【インタビュー】Franz K Endo|DIYでインターネットの外に

Twitterのタイムラインに、奇妙な動作や発言を繰り返すドラえもんのMADアニメが流れてきた経験を持つ人は多いはずだ。

【インタビュー】清水翔太 "Sorry" | どこまでJポップとしてかっこつけられるか

昨年6月にアルバム『WHITE』を発表、デビュー10周年のメモリアル・イヤーを意欲作で飾った清水翔太。全国19ヶ所に及ぶライブ・ツアーを経て、1年振りのリリースとなるシングル“Sorry”は、王道のラブ・バラードである。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。