Joey Bada$$が故Nipsey Hussleについて「生きている内にもっと評価するべきだった」と語る

先日亡くなったNipsey Hussleについて多くのアーティストが追悼などのリアクションを見せているここ数日。そんな中、Joey Bada$$がNipsey Hussleの評価のされ方について持論を述べている。

Pro Era、Flatbush Zombies、The Underachieversが所属するクルーBeast Coastのインタビュー中、Joey Bada$$はNipsey Hussleについて「人々はアーティストが生きている間彼らを評価していない」と語った。「誰もNipsey Hussleが死ぬなんて考えてもいなかった。永遠に存在していると思っていたようなアーティストだったんだ。誰かをあんな風に亡くすと、みんなが時流に乗りたがる。もっと彼の仕事が認められるべきだった。愛を見せて、広げるべきだったんだよ」という言葉から、彼が生前のNipseyを過小評価しながら死後に褒め称える風潮に疑問を抱いていることが分かる。

続けて「好きなアーティストや人、友達、家族には感謝や敬意を見せることが大事なんだ。それらの瞬間を逃さないようにして、常に感謝していることが一番大事だ。それはいつでも良い」として、好きな人や尊敬する人が生きている間に尊敬や愛の気持ちを伝えておくことの重要さを説いている。

XXXTentacion、Mac Miller、Nipsey Hussleなど若いアーティストの死が続いているが、死後彼らを評価する声が爆発的に増える傾向があることは確かだ。何が起こるか分からない世の中、好きなアーティストが活動を続けている内に正しい形でリスペクトを表明することが大切なのだろう。

related

故Nipsey HussleのパートナーLauren Londonが彼が残した影響や銃による暴力について語る

昨年4月に銃撃を受けて命を落としたNipsey Hussle。生前の彼のパートナーであったLauren LondonがWeb番組『Red Table Talk』に出演。そこでNipsey Hussleが命を落とす原因となった銃による暴力について語っている。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

Snoop Doggが「Nipsey Hussleは2Pacが出来なかったことをやった」と語る

今年の4月、銃撃によりこの世を去った故Nipsey Hussle。今もなお、彼を惜しむ声が多くある中、人気ラジオ番組『The Breakfast Club』に登場したSnoop Doggが故Nipseyは現代のTupacだったと語った。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。