シカゴの乗り継ぎ駅にラジオ局とDJブースが誕生することに

さすがダンスミュージックの聖地といったところだろうか。シカゴの中心部を南北に縦断する路線Red Lineの95th Street駅が改良工事をおこない、駅構内にパフォーマンスのためのスペースやラジオ局とDJブースが設置されることになったと地元紙が伝えている

これはシカゴを拠点とするアーティストで地域社会活動家のTheaster Gatesとシカゴ交通局がパートナーシップを組み実現させたもの。このラジオ局An Extended Song of Our People (AESOP)は駅の北ターミナルに位置し、ラジオ放送用のブースと、DJブースが合体した仕様となっている。DJブースではレギュラーでDJがソウルやファンク、ハウス、ゴスペルなどのブラックミュージックをプレイする予定で、駅構内で聴くことができるという。金曜の夜には週末のウォームアップでハウス、朝の通勤客にはSony RollinsなどTPOに合った選曲がされる。

また音楽がプレイされていないときはシカゴの様々な人々がPodcast形式でトークを発信、日々の発見やアイディア、地域での日々のエピソードなどがテーマになる予定だ。駅の南側にはインスタレーションアートが展示される。

憂鬱な満員電車に乗る前にDJによる選曲で気分が良くなれば、少しは通勤・通学が楽しくなるかも?

related

コカ・コーラの新ブランド「トポチコ ハードセルツァー」の発売を記念したアート展示が渋谷で開催

コカ・コーラから発売された新感覚のアルコール入りスパークリングウォーター「トポチコ ハードセルツァー」によるアート展示『TOPO CHICO SHIBUYA ART GALLERY』が8/30(月)まで開催中だ。

Charli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetによるグループ展『B1(ultra)safe』がANAGRAで開催中

それぞれ東京を拠点に活動するアーティストCharli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetの4人によるグループ展『B1(ultra)safe』が、8/15(日)まで半蔵門・ANAGRAで開催中だ。

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。