Nipsey Hussle殺害容疑で逮捕された男が容疑を否認

先日4月1日に、LAの自身のショップの前で銃撃を受け死去したことが報じられたNipsey Hussle。事件の容疑者として29歳でギャングのメンバーと見られるEric Holder容疑者が逮捕されたが、容疑を否認していることが伝えられている。

TMZが報じるところによると、昨日行われた裁判でHolderの弁護士であるChristopher DardenはHolderの容疑を完全に否認。Holderは殺人、殺人未遂、銃器の所持で起訴されており、有罪判決が下った場合終身刑に処されると見込まれている。

保釈金は500万ドル(約5億5800万円)とかなり高額に設定されており、保釈の可能性は薄いように思われる。

Eric Holderは5月10日に公聴会のため法廷に召喚されることが予定されているが、果たして裁判の行方はどうなるのだろうか?

related

Snoop Doggが「Nipsey Hussleは2Pacが出来なかったことをやった」と語る

今年の4月、銃撃によりこの世を去った故Nipsey Hussle。今もなお、彼を惜しむ声が多くある中、人気ラジオ番組『The Breakfast Club』に登場したSnoop Doggが故Nipseyは現代のTupacだったと語った。

Big Seanが故Nipsey Hussleを殺害したと見られる容疑者に対し「お前は一時的な問題を解決するためだけに取り返しのつかないことをした」と非難

今年の4月1日、銃撃を受け、突如としてこの世を去った故Nipsey Hussle。彼に対してはYGをはじめ、Snoop Doggなど多くのアーティストが追悼を行い、ヒップホップシーンは彼を失った悲しみに包まれた。そんな中、Big SeanがNipseyを殺害した人物に対して自身の考えを述べている。

T.I.がNipsey Hussleの死を「アベンジャーズからアイアンマンがいなくなるようなもの」と語る

ヒップホップシーン全体に衝撃を与えたNipsey Hussleの突然の死。それから一ヶ月以上が経過した今、T.I.がNipsey Hussleの功績について改めて語ったことが話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。