故Mac Millerのアルバム名となった公園が地図アプリで一時的に名前を変更される

昨年の9月に突如として命を落としたMac Miller。彼の1stアルバムである『Blue Slide Park』は出身地ピッツバーグの公園からタイトルをとったものだが、そのBlue Slide Parkの地図アプリに表示される名称が「Mac Miller’s Blue Slide Park」に変更されていたことが明らかとなった。

昨日、複数のSNSユーザーたちによってGoogle MapやAppleの地図アプリでの「Blue Slide Park」の名称が変更されていることに気づいた。

Datpiffのようなメディアも反応しており、Mac Millerの出身地であるピッツバーグが公式にトリビュートを行なったと見られたこの一件に喜びを見せた。

しかし、Geniusがピッツバーグに取材したところによると、公園の名前は公式に変更されたのではないという。アプリ上での名前の変更はMac Millerのファンらしき何者かが実行したもので、誰かを追悼し公共施設の名前を変更するには死から3年が経過する必要があるとのこと。その証拠に、現在Google mapで「Mac Miller’s Blue Slide Park」と検索してもヒットせず、元通りの「Blue Slide Park」が表示される。

「Blue Slide Park」ではMac Millerの死の直後である昨年9月に追悼イベントは開催されており、そこでは花束が並べられた他彼の祖母によるスピーチなども催された。名前の変更が公式に決定し得ないという状況ながら、ピッツバーグがMac Millerの追悼に反対する意志を示していないため。本当に「Mac Miller’s Blue Slide Park」出来る日も近いのかもしれない。

related

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

Tom MischがQuarantine Sessionsの第三弾で故Mac Millerのカバー動画を公開|Tシャツも受注受付中

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、世界各国で外出自粛の動きが広がる中、『Quarantine Sessions (隔離セッション)』と題した動画シリーズで、音楽ファンに癒しと楽しみを届けているTom Misch。 Nirvanaの"Smells Like Teen Spirit"、Sola...

故Mac Millerの兄が彼の誕生日に合わせてメッセージを公開

昨年、薬物の過剰摂取によって27歳で命を落としたMac Miller。先日は惜しくも遺作となってしまった『Circles』もリリースされた彼が、生きていれば28歳となるはずの誕生日を迎えた。それに合わせ、彼の兄であるMiller McCormickがメッセージを贈っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。