DyyPRIDEが檀廬影として作家デビュー | 4月に『僕という容れ物』を刊行

元SIMI LABのメンバーであるDyyPRIDEが、檀廬影(ダンイエカゲ)名義で作家デビューをすることがわかった。

2017年にSIMI LABを脱退したDyyPRIDEは、2018年の文藝賞に今回発表する『僕という容れ物』を応募、最終選考まで残り話題となった。

名義も檀廬影に改め4月に立東舎から同作が刊行されることになった。『僕という容れ物』は、荒涼とした精神の砂漠を徘徊する日々、幻覚と現実が入り乱れる感覚を書いている。

本作について俳優の浅野忠信と、DyyPRIDEとも親交がある音楽家の菊地成孔がコメントを寄せている。

これは苦しんでいる人の話だ。
文句なしに面白かった!
浅野忠信(俳優)

ラッパーが書いた純文学にベットできるか? 本当か?
菊地成孔(音楽家/文筆家/著者のマイメン)

カバーのコラージュは、国内外で幅広く活躍するコラージュ・アーティスト、Q-TAが担当した。

Info

​◎タイトル
僕という容れ物

◎著者
檀 廬影

発売日 2019/4/19
ISBN978-4-8456-3348-7
判型 四六版
ページ数 208
本体 1600円+税

http://rittorsha.jp/items/18317420.html

RELATED

原宿がファッションの街として誕生した70年代がテーマの『70s 原宿 原風景』が5月に刊行

オリンピックを前に変遷する原宿が、まさにファッションの街として誕生する70年代を目撃した45人が「思い出のあの店、あの場所」を語る書籍『70s 原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所』が5月10日にDU BOOKSより刊行される。

Kanye Westの人物像や音楽性に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が6月に刊行|一部を独占先行公開

Kanye Westのキャリアや作品、人物像に迫る書籍『カニエ・ウェスト論――《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』が、DU Booksから6月8日に邦訳・刊行される。

中原昌也が新作小説とOMSBや曽我部恵一、やくしまるえつこなども参加したトリビュート作品集の2冊を同時刊行

文学、映画、音楽、美術とジャンルを横断しながら活動している中原昌也が、作家デビュー20周年を記念して、最新小説『パートタイム・デスライフ』、トリビュート作品集『虐殺ソングブック remix』の2冊を3/26(火)に同時刊行する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。