RIRI、KEIJU、小袋成彬の3人が資生堂「アネッサ」のCMにコラボ楽曲を提供

毎年、新進気鋭のアーティストとのコラボに注目が集まる資生堂「アネッサ」の今年のタイアップ楽曲が、RIRI、KEIJU、 小袋成彬によるコラボ曲“Summertime”となることが発表された。

今回のコラボはこのCMのためだけに組まれたスペシャルなユニットとなり、2019年ヒットが期待される3アーティストがアネッサのもと集結した。コラボのきっかけは、資生堂「アネッサ」のクリエイティブディレクターよりイメージソングのオファーを受けた小袋成彬が、トラックメーカーとシンガーとラッパーの集合体という着想を得たことに端を発する。

KEIJU
小袋成彬

小袋はプロデュースに徹し、ティーンエイジャーにして抜群の歌唱力を持つシンガー・RIRIと、当代きってのスタイリッシュなラッパー・KEIJUを召喚。二人が織りなす声と小袋のセンシュアルなトラックが融合し、彼らの今までにない新しい一面が見られる楽曲となっている。楽曲のティザーも公開中だ。

“Summertime”は4月17日(水)に配信リリース、楽曲についての3者のコメントはこちら。

最初オファーを頂いたときに、自分が歌うイメージがどうしても(CMに)合わず、もっと最適解があるんじゃないかと凄い悩んでいて、そういう意味で華のある2人が歌った方が、より作品が素晴らしいものになるという思いもあり、RIRIちゃんとKEIJU君を呼びました。(小袋成彬)

リリックを、小袋君に手伝ってもらいながら書いたというのが凄く大きくて。自分ではストレートな言葉しか出てこないことが多いので、それを小袋君が、オブラートに包むじゃないですけど、『違う言い方探してみよう』という形でやってみて、当てはまった言葉も沢山あった。(今回は)ちょっと新しい自分になったかなと思います。(KEIJU)

タイトルの通り、夏らしく爽やかで、そして、キラキラした雰囲気を持つ曲です。
今まで私が歌ってきた曲とも違う、新しい感じで、新鮮な気持ちで歌わせて頂きました。
とても素敵な楽曲で皆さんとご一緒させて頂き、すごく嬉しかったです。(RIRI)

CMは本日よりアネッサ(ANESSA)公式サイトにて公開されている。TVでのオンエアは3月4日よりスタート予定。2019年アネッサCM 「サンシャインタワー篇」、「ユニバーサル篇」の両方で“Summertime”が使用される。

INFO

アネッサ(ANESSA)公式サイト
http://anessa.shiseido.co.jp/

<リリース情報>
配信限定シングル
『Summertime』(資生堂「アネッサ」CMソング2019)
RIRI, KEIJU, 小袋成彬
4月17日(水)に主要サブスクリプションサービス含め配信リリース

related

Dumbfoundeadが主催する『DOUBLE HAPPINESS Global Holiday Festival』にAudrey Nuna、Guapdad 4000、NxWorries、新しい学校のリーダーズ a.k.a. ATARASHII GAKKO!、RIRIなどが出演

ラッパーのDumbfoundeadが主催するイベント『DOUBLE HAPPINESS Global Holiday Festival』が、日本時間12/3(木)午前9時から開催される。

JJJが3rdアルバムからの先行シングル"STRAND feat. KEIJU"を緊急リリース | Spikey Johnによるミュージックビデオも公開

2017年以来3年ぶりとなるワンマンライブを明日に控えたJJJが、新曲"STRAND"を本日11/11(水)に緊急リリースした。

TAG Heuerが創立160周年を記念したオンラインフェスを開催中 | RIRIやSIRUPもライブで登場

1860年に創業して以来アヴァンギャルドなウォッチメイキングの精神と最先端の技術を駆使し、更なる革新を追い続けてきたスイスの高級時計ブランドTAG Heuer(タグ・ホイヤー)。創立160周年を記念して、本日10/3(土)と10/4(日)にオンラインイベントを開催している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。