Lil Pumpがブラックフェイス問題を受けてGucciを着ないと決意するも“Gucci Gang”は歌い続けると発表

先日、Gucciから発売されたマスク付きの黒のセーターが黒人差別に用いられて着た表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして問題になった。これを受けてSpike Lee、Soulja Boy、T.I.、50 CentなどのアーティストがGucciの不買運動を呼びかけているが、どうやらLil Pumpもそこに加わるようだ。

Lil Pumpは先日、Instagramライブにて「おい、聞けよ。Gucciで起こってる全てのことを、俺はサポートしないぜ。あれはレイシストだ。良くない」と、Gucciのセーターが人種差別であるという意見に賛同すると表明した。

しかし、Lil Pumpの代表曲といえばもちろん“Gucci Gang”である。Gucciをサポートしない以上Gucciへの愛を歌う同曲の立ち位置も危うくなるが、こちらはどうするつもりなのだろうか。ライブ配信をするLil Pumpの近くにいた人物が同じことを疑問に思ったようで「“Gucci Gang”はどうするんだよ?」と尋ねている。するとLil Pumpは、「あの曲は俺の人生を変えた。それが、俺があの曲を歌い続ける理由だ。人生が変わったからな。あの曲でブレイクして、金持ちになった。だから、分かるだろ?それはそれだ」と回答。いまいち釈然としない理屈だが、この調子の良さがLil Pumpらしさなのだろう。

昨年のVMAにて行われたインタビューではLouis Vuittonで全身を固めて登場し、「俺は今“Gucci Gang”じゃなくて“Louis Gang”なんだ」と語ったLil Pump。また、“Butterfly Doors”でのアジア人を揶揄するようなリリックを問題視された際には「俺にはアジア人の友達もいる」と説明し、問題の箇所を雑に削除しただけのバージョンをリリースして事態を終結させた。そんな彼をどこか憎めずファンになってしまう人も多いのかもしれないが、節操の無い性格が伝わってくるニュースであった。

related

GUCCIから2021 SSアイウェアコレクションが登場

GUCCIから2021 SSアイウェアコレクションが登場。

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

Lil Pumpがドナルド・トランプの選挙集会に登場するも名前を間違えられる|複数のラッパーから批判も

アメリカでは今日が大統領選挙の投票日。世界中が選挙の動向を固唾を飲んで見守る中、ヒップホップシーンからも様々なラッパーが投票を呼びかけるなど、行動を起こしている。そんな中、先日トランプ現大統領の支持を表明し話題を呼んだLil Pumpが、なんとトランプの選挙集会に登場しスピーチを行った。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。