21 Savageの弁護士チームが警察の主張に異議を唱える声明を発表

先日、ビザを取得していないにもかかわらずアメリカに不法滞在していたという容疑で移民税関局に逮捕されてしまった21 Savage。多くのアーティストやファンが「#Free21Savage」を叫ぶ中、Jay-Zが彼のために動き出すなどその影響は各所に及んでいる。そんな中、彼の弁護士チームが警察の主張に異議を唱える声明を発表した。

TMZによると、警察が発表した文書には21 Savageは逮捕時、完全に装填された銃を携帯し、赤いドッジチャレンジャーを運転していたと書かれていたそう。さらに、そのドッジチャレンジャーは歩道を横切るように走っていたとのこと。

しかし、21 Savageの弁護士チームはこの警察の主張に対し、異論を展開。彼のドッジチャレンジャーは路肩に止まっており、警察の命令に従って彼は車を停車させ、車の鍵を渡していたそうだ。そして、彼の弁護士チームはドッジチャレンジャーと証拠の1つとされている拳銃はどちらも21 Savageのものではないと主張している。では拳銃や車は誰のものなのかということになるが、それについては明言を避けているようだ。

また、Jay-ZとRoc Nationが21 Savageのために雇った弁護士のAlex Spiroはこう述べている。
「ICE(移民税関局)は移民に関する問題で彼を標的にしていただけで、それ以上のことはない。彼は警察に逮捕されたことは一度もないし、彼のものではない銃器や車両について彼が追及される心配はない」と強気な姿勢を見せている。

Jay-Z自身も今週自身が発表した声明にて「21 Savageの逮捕と拘禁は完全な茶番だ。彼のビザ申請は4年間も保留にされている。彼が成功したアーティストであることに加え、21はすぐに彼の子供達と再会するのに値する。#Free21Savage」とICEを批判するとともに彼を全面的に支持する意向を示した。

Rolling Stoneによると21 Savageは現在、“アメリカで最悪の場所の1つ”と言われているIrwin Country Detention Centerに拘留されているそうだが、多くの心強い味方を得た今、彼が再び自由の身になる日はやってくるだろうか。

related

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

Bobby Shmurdaがついに釈放される|21 SavageやMeek Millらが祝福

“Hot Nxxxa”の大ヒットで知られるものの、2014年に銃器や薬物の所持を理由に逮捕され、それ以来6年以上収監され続けていたBobby Shmurda。そんな彼が昨日ついに釈放されたことが報じられている。

21 Savageを自身の楽曲にフィーチャーするには10万ドル以上が必要であることが判明

若手ラッパーにとって、人気のアーティストを自身の楽曲にフィーチャーすることは一つの夢だろう。しかし、21 Savageを客演に招くには相応の対価が必要になるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。