BALが2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開 | テーマはChance Operation

音楽とファッションの親密な繋がりを、ものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアで知られるBALが、2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開した。

音楽家ジョン・ケージが考案した「偶然の音楽」にインスパイアを受けた今季、テーマはChance Operationに設定。オリジナルのテキスタイルデザインや、スリーレイヤー、リフレクターなどのテクニカルな素材やディテールと、レーヨンや天竺、スウェットなどオーガニックでシンプルなデザインとのコントラストを展開している。

PORTER、STOCK NO:、ALWAYTHなどとのジョイントワークで作られたアイテムも。

あわせてイメージムービーも公開されている。

www.baloriginal.com

RELATED

BALの2019 AW COLLECTIONのLOOKが公開 | テーマは「Chance Operation」

BALが2019 AW COLLECTIONのLOOKを公開した。

Mindseekerの2019 SS COLLECTION LOOKBOOK | テーマはカジノ

「All I Do Syndicate」の創設者達により、よりハイエンドなクリエイションを発信することを目的に、2016年に設立されたMindseekerが2019年の春夏コレクションを2月22日(金)より全国の取り扱い店舗で一斉発売する。

DAIRIKUの19 SS LOOKBOOKが公開 | テーマは「A Grow Up」

1994年生まれのデザイナー岡本大陸によるブランド、DAIRIKUが19 SSシーズンのLOOKBOOKを公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。