BALが2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開 | テーマはChance Operation

音楽とファッションの親密な繋がりを、ものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアで知られるBALが、2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開した。

音楽家ジョン・ケージが考案した「偶然の音楽」にインスパイアを受けた今季、テーマはChance Operationに設定。オリジナルのテキスタイルデザインや、スリーレイヤー、リフレクターなどのテクニカルな素材やディテールと、レーヨンや天竺、スウェットなどオーガニックでシンプルなデザインとのコントラストを展開している。

PORTER、STOCK NO:、ALWAYTHなどとのジョイントワークで作られたアイテムも。

あわせてイメージムービーも公開されている。

www.baloriginal.com

related

BAL 2020 SSのLOOKBOOKが公開 | Jose ParlaとのコラボコレクションやKazuma Ogata、Kei Sakawakiのグラフィックを使用したアイテムも

BALが2020 SSのLOOKBOOKを公開した。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by 蒲谷 健太郎

今回は、音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評のあるファッションブランドbalのデザイナー、蒲谷 健太郎。

BALと国際社会におけるアイデンティ、マイグレーション、イマジネーションをテーマにするJose Parlaのコラボレーションプロジェクトが発売

BALがアメリカの抽象表現主義の系譜を引き継ぐ作家でワールドワイドに注目を集める現代アーティストJose Parlaとのコラボプロジェクトを発売する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。