Rita OraのPost Maloneの仮装の写真がPost Malone本人として記事に使われる

昨年のハロウィンも、セレブ達がクオリティの高い仮装を披露し非常に盛り上がったのは記憶に新しいところだが、その中でも一際目立ったのがRita OraのPost Maloneの仮装である。

彼女は、Post MaloneのフランネルシャツにGジャンという出で立ちから、フェイスタトゥー、カールした髪の毛など細かなところまで完全コピー。昨年のベスト仮装との声も多く挙がっていた。

そんな中、Rita OraのPost Maloneがあまりにも似すぎていたせいか、ちょっとしたハプニングが発生。アメリカの人気エンタメメディアThe Hollywood ReporterのTwitterにてそれは起こった。

このツイートはグラミー賞の授賞式にてCamila Cabello、Cardi BそしてPost Maloneがパフォーマンスを披露するという記事なのだが、画像を良く見てほしい。Post Maloneの写真が入るべきところにPost Maloneに仮装したRita Oraの写真が使われているのである。このミスに気付いたThe Hollywood Reporterはすぐさまこのツイートを消し、Post Malone本人の写真に修正。


しかし、時すでに遅く、このミスは瞬く間に拡散され、多くの人の笑いを誘っている。

Post MaloneやRita Ora本人はこの件について特にリアクションをしていないがお互いどういう気持ちなのか気になるところだ。

いずれにせよ、この記事の作成者はよっぽど疲れていたのだろう。ゆっくり休息を取ってほしい。

RELATED

Post Maloneが自身のマリファナブランド「Shaboink」を設立か

アメリカでマリファナの合法化が進み、ビジネスの一大分野となった昨今。アーティストがマリファナビジネスに進出することも珍しくなくなったが、なんとPost maloneが自身のマリファナブランドを立ち上げようとしていることが明らかになった。

ファンによってPost Maloneの古いSoundCloudアカウントが発見される

現代のヒップホップシーンにおいて語るにあたり、欠かせないのがSoundCloudから成り上がったラッパー、いわゆるSoundCloudラッパーだ。SmokepurppやJuice WRLDなど今ではシーンの中心を担うラッパーの多くがSoundCloud出身である。

Post Maloneが「もはやジャンルは存在しない」と語る

ヒップホップ、トラップやオルタナティブロックなど様々なジャンルが融合したようなスタイルで確固たる人気を築いているPost Malone。大ヒットアルバム『beerbongs & bentleys』がグラミー賞2019のラップアルバム部門の候補から外れたように彼の音楽のジャンル分けはしばしば議論の対象になるが、そんな彼が「音楽ジャンル」という物に対する持論をHITS Daily Doubleのインタビューにて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。