学生がアップした人種差別的な曲が問題となり教育委員会が調査に乗り出す

人種差別的な内容を含んだラップ楽曲が、アメリカのメリーランド州の中高生によって発見され問題となり、ついに教育委員会が調査に乗り出したとWBOCが伝えている

調査の結果、問題の曲はマーデラ中学・高等学校の生徒によって作られ、SoundCloud上にアップされたものだと判明したそうだ。

その生徒はLil Plantationという名前で曲を作っており、リリックでは人種差別的な内容や奴隷制についても言及している。例えば、「鞭はやつらを傷つけはしない。黒人たちは俺の畑を耕しているが、俺に刃向かう事はできない。」というようなリリックが含まれており、聴くに耐えない代物だ。教育委員会の調査の後、すでに全ての曲が削除されている。

作家であり活動家でもあるJaamad Gould氏は今回の件に怒りを募らせており、曲を作った生徒に対して「あなたが面白がって作っている曲は、人を軽蔑し、攻撃するものだと知っていたはずだ」と発言している。

誰でも無責任に発言できてしまう時代で、こうした問題は枚挙にいとまがないが、今回学生たち自身によって問題が発覚した事がせめてもの救いかもしれない。

related

Will.i.amが飛行機の客室乗務員から人種差別を受けたと語る

言わずと知れたBlack Eyed PeasのリーダーであるWill.i.am。そんな彼が、飛行機でとある客室乗務員から受けた対応について語り議論を呼んでいる。

Jay-Zがアリゾナ州フェニックスで警察から銃で脅迫を受けた家族のために弁護士を雇う

アメリカでは、警察による有色人種への差別や不当な取り調べが長らく問題視され続けている。先月、アリゾナ州フェニックスである家族が警察によって理不尽な取り調べを受けた上に銃で脅迫された事件が発生し、その解決のためにJay-Zが動いているようだ。

12歳のラッパーLil C-Noteがモール内でCDを販売したことで複数の罪に問われる

昨年10月、ショッピングモール内で警察に腕を掴まれ口論になっている動画が広く拡散された12歳のラッパーLil C-Note。そんな彼が、現在複数の重い罪に問われ危機に瀕している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。