Tyler, The CreatorがTVや人種差別について語る

数多くの映画に出演しながらも、ヒップホップやスケートに造詣が深いことで知られている名優のジョナ・ヒル。そんな彼が監督を務めた映画『Mid90s』は現在アメリカで公開中だが、その映画に出演しているスケーター達が所属しているのがアメリカの西海岸を拠点として活動するスケートクルーIllegal Civilizationだ。

彼らは度々、自分たちがスケートしている動画、いわゆるスケートヴィデオをYouTubeにて公開するのだが、今回彼らは『Mid90s』の撮影現場にフォ-カスしたヴィデオを作成。そのショートクリップがYouTubeの彼らのチャンネルで公開されている。

約3分半のこの動画には監督を務めたジョナ・ヒルが多くフィーチャーされているのはもちろんのこと、Frank OceanやTyler, The Creator)が登場。

動画内ではTylerのテレビのニュースや、人種差別についての議論に対する主張を垣間見ることが出来る。
彼はまずテレビについて、「テレビを見ると、そこには誰かに噛みついているクソ犬がいる。テレビを見るたびに、クソ犬がいるんだよ。‘今日は5歳ちょっとの犬だよ!お前が外に出て、クソ犬を見るときに、お前が唯一知ってることはそのクソ犬は人に噛みつくってことだ」と、誰かを批判してばかりのテレビを暗に非難している。そして、人種差別については「考えさせられたんだけど、人々は皆、元から人種差別主義なのか、彼らは見ているだけなのか?ふと思っただけなんだけどね」と人種差別を傍観しているだけの人々を批判した。

また、ジョナ・ヒルは自身のInstagramにてIllegal Civilizationと『Mid90s』がコラボしたTシャツが24時間限定で販売されることを告知。90年代のヒップホップやスケートカルチャーにオマージュを捧げた映画らしく、Tシャツも90年代を感じさせるデザインとなっている。
https://www.instagram.com/jonahhill/

related

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』の日本公開が決定 | Pharcyde、Wu-Tang Clan、A Tribe Called Questなど90年代の名曲をサントラに使用

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『マネーボール』、『21ジャンプストリート』などの出演で高い評価を受け、またヒップホップやスケートカルチャーへの深い愛と造詣を持つことでも知られる俳優ジョナ・ヒル。そんな彼の初監督作品である映画『mid90s ミッドナインティーズ』が、9月4日(金)より日本公開されることが決定した。

Tyler, The CreatorがOdd Futureの新作がリリースされる可能性を「ありえない」と否定

昨年リリースのアルバム『IGOR』でグラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞するなど、今やアーティストとして不動の地位を確立したTyler, The Creator。そんな彼といえばFrank Ocean、Earl Sweatshirtらを擁するコレクティブOdd Futureのリーダーとしてデビューしたが、現在は活動を実質的に休止している同コレクティブについてTylerが語っている。

adidas Originalsが『SUPERSTAR』誕生50周年を記念した新キャンペーンを始動|Jonah Hillが監督しPharrell Williamsらが出演するフィルムも公開

adidas Originalsが、アイコニックなスニーカーである『SUPERSTAR』の誕生から50年の歴史と、今後の未来をセレブレイトすべく、新キャンペーン『CHANGE IS A TEAM SPORT - つなげ、その意思を。』をスタートした。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。