Tyler, The CreatorがTVや人種差別について語る

数多くの映画に出演しながらも、ヒップホップやスケートに造詣が深いことで知られている名優のジョナ・ヒル。そんな彼が監督を務めた映画『Mid90s』は現在アメリカで公開中だが、その映画に出演しているスケーター達が所属しているのがアメリカの西海岸を拠点として活動するスケートクルーIllegal Civilizationだ。

彼らは度々、自分たちがスケートしている動画、いわゆるスケートヴィデオをYouTubeにて公開するのだが、今回彼らは『Mid90s』の撮影現場にフォ-カスしたヴィデオを作成。そのショートクリップがYouTubeの彼らのチャンネルで公開されている。

約3分半のこの動画には監督を務めたジョナ・ヒルが多くフィーチャーされているのはもちろんのこと、Frank OceanやTyler, The Creator)が登場。

動画内ではTylerのテレビのニュースや、人種差別についての議論に対する主張を垣間見ることが出来る。
彼はまずテレビについて、「テレビを見ると、そこには誰かに噛みついているクソ犬がいる。テレビを見るたびに、クソ犬がいるんだよ。‘今日は5歳ちょっとの犬だよ!お前が外に出て、クソ犬を見るときに、お前が唯一知ってることはそのクソ犬は人に噛みつくってことだ」と、誰かを批判してばかりのテレビを暗に非難している。そして、人種差別については「考えさせられたんだけど、人々は皆、元から人種差別主義なのか、彼らは見ているだけなのか?ふと思っただけなんだけどね」と人種差別を傍観しているだけの人々を批判した。

また、ジョナ・ヒルは自身のInstagramにてIllegal Civilizationと『Mid90s』がコラボしたTシャツが24時間限定で販売されることを告知。90年代のヒップホップやスケートカルチャーにオマージュを捧げた映画らしく、Tシャツも90年代を感じさせるデザインとなっている。
https://www.instagram.com/jonahhill/

RELATED

Tyler, The CreatorがEminemからのディスを気にしていないと語る

昨年リリースされたEminemの最新アルバム『Kamikaze』。多くの若手ラッパーへのディスを盛り込んだ同作は大きな波紋を呼び、話題となった。そんな中、彼にディスされたラッパーの1人であるTyler,The CreatorがEminemのディスは気にしていないと語っている。

Tyler, The Creatorが自身がアメリカン航空の搭乗拒否リストに載っていると主張

これまでYGをはじめ、多くのラッパーといざこざを起こしてきたアメリカン航空がまたしてもラッパーと騒動を起こしている。今回は昨年、ニューアルバム『IGOR』をリリースし、その評価を決定づけたTyler,The Creatorだ。

Tyler, The Creatorの楽曲“Radicals”のリリックを大学構内に書いた大学生が起訴される

デビューした当時は過激なリリックで知られ、その内容が社会問題にもなったTyler, The Creator。その初期の楽曲のリリックを巡って、またもやトラブルが起こってしまったようだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。