ヒップホップシーンに長く貢献してきたベテランマネージャーが「音楽は量より質」と語る

各音楽プラットフォームの発達や、音楽機器の性能向上もあってか、現在、音楽業界に参入するのはかつてないほど簡単なことになっている。ひとたびSNSで拡散されれば、大手レーベルと契約ができるチャンスが巡ってくるのが今の音楽業界である。

そんな中、長らくヒップホップシーンを陰から牽引してきたベテランマネージャーのSteve CarlessがAll Hip-Hopのインタビューに登場。彼はヒップホップをはじめる方法は今では幾つもあり、特に自身の楽曲を世に出したいと思っているアーティストにとってはとても便利になったとしながらも、結局大事なのはそのが曲の質だと語っている。

「俺の意見としては、本当に良いものは常にある時点でトップになり、それは常に力を維持するんだ」と語った彼は続けて、「誰もが(自身の好きなアーティストの)トップ5リストにMichael Jacksonを入れる。それかPrince、またはNasだ。このことは質に基づいたものなんだ。これは彼らが‘どれだけ’行ったかではなくて‘何を’行ったかなんだよ。アルバムやレコードは常に(リリースされた)その日のうちでさえも(作品の)山に埋もれてしまうけど、良いものだけが留まって、トップになるんだ。だから、俺が思うにこれは量より質なんだよ。量がビジネスだったら、質は遺産なんだ」とこれまでNipsey HussleやDave East、YGなどのラッパー達と仕事をしてきた彼ならではの説得力のある意見を述べた。

要するに彼は楽曲を沢山リリースしたところで、その質が良くなければ意味がなく、質が良ければ、それは後世まで残るということを言いたいのだろう。

確かに、Young Thugが「これまで15000曲をレコーディングした」と述べたり、その前にはAnderson .Paakが「65000曲分のストックがある」と語るなど現在のヒップホップシーンではとにかく量を作るのがトレンドになりつつあるのは事実だ。Young ThugやAnderson .Paakに限って、そんなことはないだろうが、その楽曲の質が低ければ結局本末転倒というわけだ。

今後も音楽業界には多くのアーティストが参入してくることだろう。だがその中でトップになるにはこのような考え方が必要になってくるのかもしれない。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。