Young ThugがVirgil Ablohとのインタビューの中で「これまで15000曲をレコーディングした」と発言

Anderson .Paakが「65000曲のストックがある」と発言するなどラッパーたちが作った曲数を盛ることはあまり珍しくないが、今回はYoung ThugがInterview Magazineにて驚異的な数字を口にしている。

Virgil Ablohによって行われたインタビューの最中、「今までのキャリアの中で何曲をレコーディングした?」と質問されたYoung Thugは「たぶん15000曲かな」と回答。Ablohらは「えっ?」「ヤバいな」と驚いた様子を見せている。続けて「どうすればそこまで沢山の曲を作れるんですか?どんなコーヒーを飲めばそんなに眠らずにいられるんですか?」との質問を受けた彼は、「スタジオに居続けるんだ。服もスタジオにある。昨日もそこで寝たよ。正直、ツアーや移動は嫌いなんだ。スタジオの方がいい」と、常にスタジオで時間を過ごしているワーカホリックな面を明かした。

そんなYoung Thugは、「他人と異なる若者たちへのアドバイス」として「シンプルに、諦めずやり続けることだ。一部の人はただ“諦めるな”と言いたいだけだったりするけど、諦めずに続けることは本当に効果があるんだ。みんながチャンスを掴むことができる」とメッセージを送っている。

果たしてYoung Thugが本当に15000曲をレコーディングしたのかどうかは分からないが、いずれはその数に届くくらい熱心に曲を作り続けていることは本当なのだろう。

related

Young Thugの愛犬Ms Tootieが亡くなる|タトゥーを腕に彫ることで追悼

先日はPop Smokeの遺作『Shoot For The Stars Aim For The Moon』収録曲への参加で話題を呼び、またTravis Scottとのコラボも噂されているYoung Thug。そんな彼のSNSにしばしば登場していた愛犬Ms Tootieが先日この世を去ってしまったことが報じられている。

Travis Scottが自身のラジオ番組でBig SeanやYoung Thugとコラボした新曲3曲を初披露

先日はKanye Westの新曲“Wash Us In The Blood“に参加したことでも話題を呼んだTravis Scott。そんな彼が、自身のラジオ番組.wav Radioの最新エピソードを約2年ぶりに公開。そこで、Big SeanやYoung Thugとのコラボ曲となる新曲たちを初披露した。

Pop Smokeの遺作でのリリックをきっかけにPusha TとYoung Thugとの間でビーフが発生

先週金曜日にリリースされた、故Pop Smokeの最初で最後のアルバム『Shoot For The Stars Aim For The Moon』。同作はVirgil Abloh手掛けるアートワークを巡り議論が起こるなどの騒動もありながら無事リリースとなったが、生前の彼が遺した楽曲でコラボレーションを行なっていたPusha TとYoung Thugとの間に、その楽曲をきっかけとしたトラブルが発生してしまった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。