DIGAWELの2019SS COLLECTIONのLOOKBOOK | テーマは「a study of the mass」

西村浩平がデザイナーを務めるDIGAWELの2019SS COLLECTIONのLOOKBOOKが公開となっている。

「a study of the mass」と名付けられた今回のコレクションを前に、DIGAWELはさまざまなフォルムの中で方向性を探しながらマッス=塊りについてスタディを重ねた。その結果ボトムスは新たにリファインされたシルエットが加わり、全体のボリュームとバランスに変化をもたらした。

またこれまで特長的だったプリントなどを大幅に抑えて、表面の肌理までも色彩の一部とするような繊細なカラーパレットのシーズンとなっている。

2019SS COLLECTIONは今週末から立ち上がる予定だ。

related

DIGAWELがFALL/WINTER 2020 collectionのLOOKを公開 | 90sストリートやフレンチトラッドがイメージソースに

DIGAWELがFALL/WINTER 2020 collectionのLOOKを公開した。

F/CE.®がブランド創立10周年を記念し連続コラボレーション企画をローンチ|DIGAWELやUMBROなど親交の深い全7ブランドと

2010年のブランド創設から、今年で10周年を迎えるファッションブランドF/CE.®(エフシーイー)が、 記念すべき10周年のプロジェクトとして、毎月所縁のあるブランドとのコラボアイテムを7月からローンチする。 毎シーズン「国」をテーマに掲げるF/CE.®、2020年秋冬コレクションのテーマは...

DIGAWELが2020SSのLOOKBOOKを公開 | テーマは「expression(l)ess」

西村浩平が2006年に立ち上げ、近年はパリのファッションウィークで展示会も行なっているDIGAWELが、2020SSのLOOKBOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。