1 of 2018 Selected by okadada

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

DJとして活動するokadadaの2018年。

 2018年のベストエントリ

「蓬萊学園」狂気の1年を今こそ語りあおう【新城カズマ×齊藤陽介×中津宗一郎 】

http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/171230

コメント

今年も本よりネット上で読む文章量の方が多い訳なので、読んだ中で印象に残った記事なのですがリンク参照。
「手紙を介して行われるネットゲーム」というもはや、逆転的にSFめいてしまっている90年のPBMゲームについて。(小林泰三「あらかじめ予定されてる明日へ」を連想)
分量の多さもさることながら社会実験的な側面が出てくる部分、大変示唆に富んでいました。
今年は音楽批評系よりファッションとビデオゲームの批評に影響を受ける事が多い年だったような気がします。
他に面白かった記事は「Mal d’archive / オルタナ右翼の源流ニック・ランドと新反動主義」等、
あと本は千葉雅也氏の諸作は面白かったです。

2019年の告知

一段落したので残すものについていろいろ考え中です、
来年も御贔屓に。

okadada

日本のDJ、色々やってます。
https://twitter.com/okadadada

related

Seiho Interviewed by okadada | 『着いたけど、どこいる?』

近年はおでん屋「そのとうり」、和菓子屋「かんたんなゆめ」のプロデュースなど、音楽だけでなく活動の幅を広げているSeihoが3年ぶりの単独公演を5/14(土)に渋谷 Spotify O-EASTで開催する。

Seihoの3年ぶりの単独公演にOtagiri w/ DJ MAYAKU、okadadaとPharakami SandersによるTerror Fingersも出演

Seihoが3年ぶりに開催する単独公演『着いたけど、どこいる?』の追加出演者が発表となった。

Seihoのミニアルバムのリリースを記念してとんだ林蘭、okadada、ASOBOiSM、髙城晶平、鎮座DOPENESSも出演するオンライントークイベントが開催

5/12(水)にリリースされたSeihoのミニアルバム『CAMP (Amazon Original)』のリリースを記念したトークイベントが5/20(木)にTwitch上で開催される。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。