Lil Xanが薬物中毒のリハビリを終えたことを発表

今月の初め、Lil PeepやMac Millerの死を受けて薬物中毒のリハビリを受けると発表していたLil Xanが、無事リハビリを終えて戻ってきたことをアナウンスしている。

Lil Xanは昨日、自身のTwitterにて「出てきたし、酔いが覚めたよ」とツイート。リハビリは滞りなく終了したようだ。

以前TMZのインタビューにおいて自身がヒドロコドンとオピオイドの中毒であることを明かしていた彼は、リハビリを終えたら薬物の名を冠したLil Xanという名義をやめて本名のDiego名義で活動していく意志を表明していた。

今のところTwitterのユーザー名は「LIL XAN AKA DIEGO」となっているが、このまま名前も変更するのだろうか?

いずれにせよ、薬物を断ったLil Xanの健康を祈りたい。好物の激辛チートスを食べ過ぎて体を壊すことも今後無ければよいのだが。

RELATED

Lil Xanが過去の「2Pacは退屈」という発言について挑発してきた男に向け銃を取り出す

以前、2Pacの音楽を「退屈」と評したことでヒップホップヘッズたちから顰蹙を買ったLil Xan。あれから一年以上が経ちほとぼりは冷めたかのように思われたが、またしても2Pacについての発言が原因でトラブルが起こってしまったようだ。

Lil Xanの大ファンが本人のフェイスタトゥーを完全コピー

先日、Migosの熱烈ファンがQuavoとOffsetの顔のタトゥーを両腕に入れたというニュースをお伝えしたように、タトゥーというのはファンが自身の好きなアーティストへの愛を示す手段の1つでもある。そんな中、Lil Xanが好きすぎて、彼のフェイスタトゥーを完全コピーした大ファンが現れた。

Lil Xanがライブ中に観客に向かってルイ・ヴィトンのチェーンを投げる

Lil Xanが今月23日にドイツで行われたライブ中に、ルイ・ヴィトンの鎖を観客に向かって投げつけた事が明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。