Lil Xanが薬物中毒のリハビリを受けることを決意

Lil Xanが自身の薬物中毒について告白し、リハビリを受けることを宣言する動画が公開された。

TMZが公開した動画の中で、Lil Xanは「Lil Peepに冥福を祈るよ。一周忌だな。Lil Peepの死が、俺が薬物について考え始めたきっかけだ。彼は大好きなアーティストだったし、死んだときは壊滅的だった。フェンタニル、フェンタニル、フェンタニル…みたいな。そして、俺に一番影響を与えたのがMac Millerの死だ。ショックだったよ」とLil PeepとMac Millerの死が自身に多大な影響を与えたことを告白し、「二人は同じ問題で苦しんでた。俺も、そろそろ良くなるべき時だって思ったんだ」と述べた。

「俺はヒドロコドンとオピオイドの中毒だ。前ほどは悪くないけど、全部乗り越えたいんだ。それで、Diegoに戻りたい」と語る彼は、薬物の名前を冠したLil Xanというキャラクターから本当の自分自身に戻りたいのだという。彼は以前も名前をLil Xanから本名のDiegoに改名すると宣言していたものの、未だにそれは実現していない。

「多くの中毒者がいるドラッグを名前につけながらクリーンでいることは難しいと思う?」というレポーターの質問に対しては「ああ。だから、リハビリを終えたら名前もDiegoにするんだ」と、改めて改名に意欲を示している。

果たして、リハビリを終えたLil Xanはクリーンになることが出来るのだろうか?

RELATED

Lil Xanが過去の「2Pacは退屈」という発言について挑発してきた男に向け銃を取り出す

以前、2Pacの音楽を「退屈」と評したことでヒップホップヘッズたちから顰蹙を買ったLil Xan。あれから一年以上が経ちほとぼりは冷めたかのように思われたが、またしても2Pacについての発言が原因でトラブルが起こってしまったようだ。

Lil Xanの大ファンが本人のフェイスタトゥーを完全コピー

先日、Migosの熱烈ファンがQuavoとOffsetの顔のタトゥーを両腕に入れたというニュースをお伝えしたように、タトゥーというのはファンが自身の好きなアーティストへの愛を示す手段の1つでもある。そんな中、Lil Xanが好きすぎて、彼のフェイスタトゥーを完全コピーした大ファンが現れた。

Lil Xanがライブ中に観客に向かってルイ・ヴィトンのチェーンを投げる

Lil Xanが今月23日にドイツで行われたライブ中に、ルイ・ヴィトンの鎖を観客に向かって投げつけた事が明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。