ラップ人気が高まるロシアのプーチン大統領が「ラップを政府の管理下におくべき」と発言

ヒップホップやラップミュージックは、その国の若者の文化に大きく影響をもたらす。中には暴力・ドラッグといった悪い影響ももたらすと懸念されており、国が何らかの規制をもうけるケースが少なくない。

今年初めには、中国政府当局がTVなどの各メディアへの特定のラッパーの出演を見合すように要請。ラッパーのPG Oneと有名女優の不倫報道を受けて、彼の過去曲に暴力的で女性蔑視的なリリックがあったことで批判が高まりPG Oneはあらゆるメディアから排除されてしまうことになった。

また、イギリスでもUKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除された。これはロンドン警視庁がビデオ内に、暴力的な表現や暴力を促す箇所があるとして規制したものだ。

そして今回ロシアでも、若者の間で急激に人気を獲得しているラップミュージックに対して政府が直接規制する事案が発生しているとAP通信が伝えている。プーチン大統領はラップを禁止するのではなく、規制する事を望んでいるそうだ。大統領は「もしラップを禁止することが不可能だったとしても、私たち政府が指導しラップを導いていく必要がある」と語っていた。

大統領は先週土曜日の会合では、活動を禁止させる事は逆影響であり、彼らの人気を高めてしまうだけだと話し、また「ラップは主にセックス・ドラッグ・プロテストの三つで成立している」とラップミュージックそのものの成り立ちについても言及した。この中で、大統領は「ドラッグは国家を衰退させるものだ」として、主にドラッグにおける悪影響を注視しているようだ。

先月、YouTubeにてミュージックビデオが600万回以上再生されているラッパーのHuskyが地方都市クラスノダールでのライブの後に逮捕された。貧困や汚職、警察の蛮行に対してのリリックで関心を集めていたHuskyは地方検察官に過激派と見なされ、裁判所から拘束12日間の行政罰を受けた。

同じく11月にはGone.Fluddは警察からの圧力で2つの公演をキャンセルし、同様にヒップホップアーティストAlljも脅迫を受けてキャンセルしている。

上記のラップミュージック以外のアーティストもこの影響を受けており、音楽カルチャー全体に対しての取り締まりが続いているようだ。ロシアでも盛り上がるラップミュージックだが、シーンが政府によって規制され、他愛ないものに変容としてしまうとしたらそれは致命的なダメージになるだろう。

RELATED

EMPIRE編集長が現在のヒップホップ人気に対して懐疑的な姿勢を示す

先日開催されたSXSWにて「カルチャーに爆発を起こしたヒップホップの流行」という議題で、EMPIREのCEOであり設立者のGhazi Shami氏が語った。

インドの名門ムンバイ大学でラッパーになるための講義が設置か

ヒップホップが世界のチャートを席巻するようになったここ数年。ハーバード大学でラップアルバムが卒業論文として提出されるなど学術研究のテーマとしてもヒップホップは注目を集めているが、インドでもその波が広がっているようだ。

ブロンクスにオープンするヒップホップ・ミュージアムの開館日が2023年に決定

以前2022年にNYのブロンクスにヒップホップ・ミュージアムが2022年に建設されると伝えたが、正式なオープン日が2023年になると発表された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。