今週のアルバムチャートの1位がTravis Scottの『Astroworld』ではなく6ix9ineの『DUMMY BOY』だったことが明らかに

先日、ニューアルバム『DUMMY BOY』を無事リリースした6ix9ine。現在、勾留中の彼にとってはいわゆる曰く付きのアルバムとなったわけだが、最新のビルボードアルバムチャートでは初登場1位を獲得すると見られていた。

しかし、ふたを開けてみると1位に輝いたのはTravis Scottが今年発表したアルバム『Astroworld』だった。Skrillexの“Sicko Mode”のリミックスがリリースされ、“Sicko Mode”が全米シングルチャート1位を獲得したこともあり、71000枚相当のアルバム売り上げを記録し見事1位に。
6ix9ineの『DUMMY BOY』は66000枚相当のアルバム売り上げで惜しくも2位だった。

そんな中、このチャートの順位が間違っていることが明らかになった。本当の1位は『Astroworld』ではなく、『DUMMY BOY』であることが判明したのだ。
ビルボードチャートにデータを提供しているNielsenのDrew BennettはHits Daily Doubleに対し、
「我々のチームはチャートのデータを深く掘り下げ、調査し、最初の間違いの原因を見つけました。その後、我々は必要な仕事を再処理し、チャートを再構成しました。その結果、6ix9ineの『DUMMY BOY』が1位になりました。我々のチームはこの間違いの根本的な原因を突き止めるために迅速に取り組んでいます。」とメールを送り、順位が誤っていることを認めた。

具体的にどのような誤りがあったのかは明かされていないが、Travisにとっても6ix9ineにとってもショッキングな出来事なのは間違いないだろう。

RELATED

6ix9ineを世に出したスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が彼との関係やビジネスの戦略について語る

昨年より発覚した9つの罪によって未だに拘留を受け続けている6ix9ine。そんな彼のヒットのきっかけとなったシングル“GUMMO”のMVを世に出し、キャリアの初期からサポートを行ってきたスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が、いかにして6ix9ineと共にビジネスを行ってきたかについて語っている。

元マネージャーが6ix9ineを「恩知らずのクソ野郎」と罵る

昨年より9つの罪に問われ拘留され続けており、事件に関与した仲間を密告したことによって減刑の可能性も浮上している6ix9ine。そんな彼とともに逮捕され、銃器所持と銃撃の罪によって有罪判決を下された6ix9ineの元マネージャーShottiが、彼について「恩知らずのクソ野郎」と語っていたという。

6ix9ineが利益相反によりチームから外されていた弁護士を取り戻す

昨年11月に9つもの罪で連邦当局によって逮捕された6ix9ine。先月では、捜査に協力的な姿勢を見せていることで減刑され、保護観察処分に置かれる可能性が浮上しているなど裁判の風向きが変わってきているが、今月さらに彼にとって良いニュースが舞い込んだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。