今週のアルバムチャートの1位がTravis Scottの『Astroworld』ではなく6ix9ineの『DUMMY BOY』だったことが明らかに

先日、ニューアルバム『DUMMY BOY』を無事リリースした6ix9ine。現在、勾留中の彼にとってはいわゆる曰く付きのアルバムとなったわけだが、最新のビルボードアルバムチャートでは初登場1位を獲得すると見られていた。

しかし、ふたを開けてみると1位に輝いたのはTravis Scottが今年発表したアルバム『Astroworld』だった。Skrillexの“Sicko Mode”のリミックスがリリースされ、“Sicko Mode”が全米シングルチャート1位を獲得したこともあり、71000枚相当のアルバム売り上げを記録し見事1位に。
6ix9ineの『DUMMY BOY』は66000枚相当のアルバム売り上げで惜しくも2位だった。

そんな中、このチャートの順位が間違っていることが明らかになった。本当の1位は『Astroworld』ではなく、『DUMMY BOY』であることが判明したのだ。
ビルボードチャートにデータを提供しているNielsenのDrew BennettはHits Daily Doubleに対し、
「我々のチームはチャートのデータを深く掘り下げ、調査し、最初の間違いの原因を見つけました。その後、我々は必要な仕事を再処理し、チャートを再構成しました。その結果、6ix9ineの『DUMMY BOY』が1位になりました。我々のチームはこの間違いの根本的な原因を突き止めるために迅速に取り組んでいます。」とメールを送り、順位が誤っていることを認めた。

具体的にどのような誤りがあったのかは明かされていないが、Travisにとっても6ix9ineにとってもショッキングな出来事なのは間違いないだろう。

RELATED

6ix9ineが法廷で「Jim JonesとCardi Bも自分と同じギャングのメンバーだった」と証言|Cardi B側は否定のコメントを発表

先日より報じられている通り、かつて同じギャングに所属していたメンバーたちの裁判で証言台に立っている6ix9ine。Trippie Reddが自身と敵対するギャングに所属していたことなど他のラッパーについての暴露を続けている彼が、今度はJim JonesとCardi Bについて裁判所で発言したようだ。

Meek Millが子供たちに「インターネットギャングスタになるのはやめろ」とメッセージを送る

複数の罪で収監され、現在は元ギャング仲間の裁判で証言すべく法廷に立たされている6ix9ine。そんな彼に対してはヒップホップシーン全体から多くの批判の声が上がっているが、そのような現状を見てMeek Millが若い世代にメッセージを送っている。

Trippie Reddがかつてギャングに所属していたと6ix9ineが証言

先日報じられた通り、同じギャングのメンバー二人の裁判で証言を行なった6ix9ine。彼がそこで、以前ビーフを行なっていたTrippie Reddについて発言し話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。