重鎮Brooklyn Johnnyが「最近の若手アーティストで音楽ビジネスを理解してるやつは誰ひとりいない」と語る

最近ではRussやNonameなど、レーベルと契約せず1人で全てをこなすアーティストも少なからずいるが、まだまだアメリカの音楽業界はアーティストは曲を作るのみで、レーベルなどがその他の業務を担当する形がほとんどだ。
なぜなら「彼ら若手でビジネスを理解してるやつは誰ひとりいないから」だとアメリカ音楽業界の重鎮Brooklyn Johnnyは話す。

今回、彼はBillboardのインタビューに登場。音楽ビジネスについて語った。

JohnnyはKodak BlackやCardi Bを育てたことで知られているが、ここではKodakとの出会いについて語っている。
「俺がKodak Blackと一緒にやり始めた時、彼は本当にビジネスを理解していないと感じた。人々がKodakについて気付いていないことは、彼が非常に頭が良いということだ。彼は何回も頭をぶつけているけど、非常に頭が良いんだ。彼は沢山の本を読むしね。もし君が彼と話したら、君は‘彼は40歳なのか?なんでこんなことを知っているんだ?’ってなるだろうね。」とKodakが実は頭が良いことを明かした。
Kodakは頭が良いおかげで吸収が早かったということなのだろうか。

そして、若手のアーティストについて「どのアーティストにも言えることだけど、皆単独で成り上がろうとするんだよ。だけどそこには微妙な差があるんだ。なぜならアーティスト達は時に彼らを支えてくれた人達を責めたいと思う時があるからね。特にレコードレーベルの場合、責めたい人が増える。これは1人で引き受けるには大変なことだ。全てがうまく行ったら彼らの考えになり、全てが間違った方向に行けば自分のせいになる。マネージメントっていうのは割の合わない仕事なんだよ。」とマネージャーの仕事の大変さを述べた。彼がこう述べているように、マネージャーの仕事の大変さを理解していないアーティストが多いのが現状なのだろう。

これまでもBirdmanとLil WayneRich The Kidなどレーベルとアーティスト間の問題は多々あったが、アーティスト側が音楽ビジネスを理解しようと努めることがこのような問題を減らす第一歩になるかもしれない。

RELATED

21 SavageがKodak Blackの逮捕について「ラッパーはもっと自分の身を守らなければいけない」と語る

先日のRolling Loudに出演する直前に銃器を所持していた容疑で逮捕され、最大で10年の禁固刑を受ける可能性も浮上しているKodak Black。今年に入り警察沙汰や他のラッパーとのトラブルを数多く起こしてきた彼に対し、21 Savageがアドバイスを行なっている。

Rolling Loud前に逮捕されたKodak Blackが10年の服役に処される可能性

先日のRolling Loudに出演予定だったものの、会場入りの際に銃を所持していることが発覚しまたもや逮捕されてしまったKodak Black。そんな彼に、いよいよ重い刑罰を下される可能性が浮上しているようだ。

Kodak BlackがRolling Loud会場入りの際に逮捕される|Lil Wayneも警察の取り調べの影響でライブをドタキャン

世界最大のヒップホップフェスであるRolling Loudが先週末より開催された。ライブだけでなくイベントに伴う様々なトラブルでも毎回話題を呼ぶこのフェスだが、今回はKodak BlackとLil Wayneの2人がまさかの理由で出演をキャンセルしてしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。