Lil WayneがCash Money Recordsからの解放をついに勝ち取る

Lil Wayneが大きな勝利を勝ち取った。Lil WayneとBirdman、Cash Money RecordsそしてUniversal Music Groupの裁判がようやく終わりを迎えたのだ。あわせてLil Wayneは正式にCash Money Recordsから離脱することが発表された。

ことの始まりは2015年にLil WayneがCash MoneyとUniversal Music Groupを起訴したことで、その翌年には自身とCash Money Recordsの傘下であり、Nicki MinajやDrakeも所属するYoung Money Entertainmentのアーティスト達への賃金の未払いを訴えていた。そして昨日、Lil Wayne側の勝訴が確定したというわけだ。

The Blastによると今回の裁判でLil Wayne側が受け取った金額は10ミリオンドル(約10億円)以上といわれている。しかし、Birdmanからの支払いはなくUniversalが全て支払ったとのこと。

Lil WayneとBirdmanは、当時はお互いを“親父”“息子”と呼び合うほど仲がよかった。しかし、2014年にWayneが自身のニューアルバム『The Carter Ⅴ』をなかなかリリースさせてもらえなかったからかTwitterで“俺は囚人だ”とつぶやき、WayneとBirdmanの間にビーフが表面化。そこから裁判とともにビーフも続いていた。

今回、この裁判が決着したことにより、Wayneは『The Carter Ⅴ』をUniversalから直接リリースすることが可能となった。

待望の新作をようやくリリースできることとなったLil Wayneだが、どのような作品となっているのだろうか。期待して待ちたい。

related

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

Lil WayneがWheezyのプロデューサータグ「Wheezy Outta Here」を「Futureが俺をシャウトアウトしてくれてる」と勘違いしていたと明かす

Lil BabyやMeek Millなどの楽曲を手掛けていることで知られるアトランタのプロデューサーWheezy。そんな彼のプロデューサータグ「Wheezy Outta Here」について、Lil Wayneがとある勘違いをしていたことが話題を呼んでいる。

Lil WayneとEminemが過去に同じ韻を踏んでいないかチェックするために自身のリリックをググると明かす

それぞれ全く違うスタイルながら、共に長くラップシーンの頂点に立ち続けているLil WayneとEminem。共に高度なライミングを得意とし数多くの楽曲を発表している彼らが、新曲のリリックを書く際の苦労について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。