【フォトレポート】DIESEL HAɄTE COUTUREスペシャルイベント

今季のDIESELが手がけているキャンペーン『HAɄTE COUTURE』。ネット上の誹謗中傷に対して、皮肉や不遜な態度で応じれば、それによって痛手を被る可能性は小さくなるはずと考えアイロニカルなメッセージを込めたコレクションは、他人を攻撃せずにはいられない人々の力を削ぐことだけを目的としてデザインされている。

各アイテムには「Diesel is dead」(DIESELは終わっている)や「Diesel is not cool anymore」(DIESELはもうダサい) など実際にSNSでDIESELに対して投げかけられた言葉が躍っており、キャンペーンのアイコンであるGucci Maneなどが言われたことのある悪口を刻んだアイテムも展開している。

批評性のあるコレクションを作り上げたDIESELが、10/12(金)に寺田倉庫でスペシャルイベントを開催。CRAZYBOY & NEOTOKYO FAMILYのスペシャルライヴや、人気モデルのmiuや改名を発表したLeon FanourakisやHIYADAMが登場したモデルプレゼンテーション、さらにはDJ DARUMAやJOMMY、YUAなどがDJプレイを披露したこのイベントをフォトレポートで振り返る。

Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda

巨大な会場内にはコレクションのアイテムや、罵詈雑言が書かれたグラフィックなども並ぶ。

Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda

オープニングDJを務めたYUAは硬質なラップや、ダンスホールなどコンセプチュアルなプレイで会場に熱を与えた。

Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda

その後のプレゼンテーションでは、意思を持った強い表情のモデルたちが、まさしくヘイトを着ちらかすように、堂々と登場した。

Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda

 

Photo by Marisa Suda

その後CRAZYBOY & NEOTOKYO FAMILYがライヴパフォーマンスを披露、別注仕様のHAɄTE COUTUREアイテムを纏ったCRAZYBOY & NEOTOKYO FAMILYは、集まってくるヘイトを一瞬で振り払うかのようなパワフルな存在感で会場を圧倒した。

Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda

その後DJ DARUMAとJOMMYが、2人ならではの安定感あふれるプレイを披露し、イベントをピースフルに締めくくった。

Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda
Photo by Marisa Suda

また翌日にはカリフォルニア在住のイラストレーターのJun Inagawaを招いしたインストアイベントをDIESEL Shibuyaで開催。このイベントは購入者のアイテムの上に、各々が実際に今まで投げかけられたヘイトワードを特殊なテープで熱圧着し、その上にJun Inagawaが大胆にライブペイントを行うというもの。

Photo by Hinako Nagai
Photo by Hinako Nagai
Photo by Hinako Nagai
Photo by Hinako Nagai

長らくのDIESELユーザーからJun Inagawa氏のファンまで多くの来場者が訪れ、”SHITTY CUSTOMER SERVICE”と書かれたTシャツを着用したスタッフ達も含め終始フレンドリーな空間に。

Photo by Hinako Nagai
Photo by Hinako Nagai
Photo by Hinako Nagai
Photo by Hinako Nagai

今シーズンでは引き続き、HA(U)TE COUTURE コレクションを店頭で試着、購入できる。世界規模でタイムリーな社会問題に対して、DIESELらしい力強いアティチュードを提示する同コレクションの関連イベントは今後も名古屋、福岡などで開催されていく。自身がこれまでに受けたヘイトでカスタマイズできるオリジナルマグカップのプレゼントキャンペーンも店頭で展開中だ。シニカルかつタフなアイテムをぜひ手にとってみては?(Tetsuro Wada, Kouhei Nishihara)

https://www.diesel.co.jp/fw18campaign/

RELATED

「NINJA PROJECT」から、極東最端のパフォーマンス集団「B.W.T.」と「D.B.D.」の2組がLeon Fanourakis & Awich、NOTHING TO DECLAREのMasを迎え始動

昨年、日本忍者協議会とエイベックスによる「NINJA PROJECT」が発表された。東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation 2018』には、全身を赤もしくは黒で覆った謎の集団が登場し、重力を無視した回転技を次々に披露、オーディエンスを沸かせた。

【レビュー】星野源が『POP VIRUS』で示した「“日本流”のアーバンミュージック」

星野源の最新作『POP VIRUS』にはMPCプレイヤーとしてSTUTSが参加していることなどから、ビートに対するアプローチが特に注目されているけど、個人的にはなぜか1stアルバム『ばかのうた』を思い出してしまった。 音的には全然違うのになんでだろうな、と考えながらアルバムのブックレットに収載...

【特集】ZAYN『Icarus Falls』| 音楽性とスタイルから現代のポップスターを考察する

イギリスのポップアクト、ZAYNのセカンド・アルバム『Icarus Falls』がリリースされた。ZAYNことZayn Malikは、2015年にイギリスの人気ヴォーカルユニットOne Direction(1D)を脱退したのち、ソロで活動を開始。同作は2016年のデビュー作『Mind Of Mine』以来2年ぶりのアルバムだが、コンスタントなシングルリリースで注目を集めてきた。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。