DIESELが80s-90sのアーカイブを再構築したカプセルコレクション『DIESEL×DIESEL』を発表

DIESELが80年代から90年代のアーカイブピースを独自に解釈し、再構築したカプセルコレクション『DIESEL×DIESEL』を発表した。

『DIESEL×DIESEL』は、DIESELのタイムレスなアイコンを現代に復活させたい というブランド創業者レンツォ・ロッソの思いから生まれやコレクション。レンツォと多国籍のデザインチームが80年代後半に行ったリサーチトリップを振り返ることで、北米らしい美学が表現されている。

カレッジウェア、ルート66、そしてDIESELに欠かせないワークウェアをインスピレーションの基としており、強いダメージを施したレザーで再構成され肩周りには新しいロゴが配されたバーシティジャケットや、1980年代のアメリカ南部への 調査旅行にインスパイアされたミックスマテリアルのコート、1980年代末の加工レザーのベストなど、それぞれ「国境や時間などで隔てられた存在を繋ぐ」というアイデアに基づいた作品がラインナップされる。

また、ストレートレッグのシルエットと、チャップスを模したレザーアップリケのディテールが特徴的なデニムも登場。1980年代のピースを元としているが、スラッとしたフォルムとトロンプルイユ・チャップスを模した奇抜さが2021年に向も最適な仕上がりとなっている。他にもウエストバンドにパイピングのコントラストの効いた1980年代のデニムパンツが4型、復刻版のパーカー、ミニスカート、シャツもラインナップされる。

さらに、DIESELの新クリエイティブディレクターであるグレン・マーティンスが手掛けるキャンペーン『Fake Smiles』も同時に発表となっている。

Info

DIESELxDIESELコレクションは、3月29日より一部のDIESELストアとDIESEL公式オンラインストアにて発売

https://www.diesel.co.jp/dieselxdiesel

related

Skeptaがアンバサダーを務めるDIESELの最新フレグランス・SOUND OF THE BRAVEが発売

ヒップホップアーティストのように自分の「音」を伝える勇気を表現したDIESELの新作フレグランス・SOUND OF THE BRAVEが発売となった。

DIESELとGR8によるカプセルコレクションにD.TT.K、植田光二と河村康輔による共同プロジェクトなど8組が参加

DIESELと原宿のセレクトショップGR8がタッグをくみ、日本で活躍する8組のデザイナー、 アーティストたちとともにカプセルコレクションを発売する。

DIESELとCOCA-COLAのコラボカプセルコレクションが登場|1日限定でポップアップイベントも開催

DIESELとCOCA-COLAがリサイクル素材を取り入れた最先端のカプセルコレクション『THE (RE)COLLECTION』をリリースする。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。