DIESELとGR8によるカプセルコレクションにD.TT.K、植田光二と河村康輔による共同プロジェクトなど8組が参加

DIESELと原宿のセレクトショップGR8がタッグをくみ、日本で活躍する8組のデザイナー、 アーティストたちとともにカプセルコレクションを発売する。

このコレクションはかねてより日本好きを公言しているDIESELの創始者レンツォ・ロッソが前回来日した時に開催されたパーティーでの出会いがきっかけ。

「レンツォと様々なデザイナーやアーティストたちが集うその場はまるで大人のプレイグラウンドのようで、とても強い縁を感じました。この時得たインスピレーションがきっかけで今回のコラボレーションに至ったのです。これらは一年以上の話し合いの中でDIESELの愛、精神、パワーに感銘を受け、制作された コレクションです。」とGR8のオーナーバイヤー久保氏は語る。

それに対して「私は常に変化を続ける東京がとても好きです。今回のDIESELとGR8、そして久保氏のネットワークによる 取り組みは、通常のコラボレーションとは異なる現代的で革新的な手法と言えるでしょう。このような新しい取り組みは、とてもユニークなアイテムを生みだしてくれます。」とレンツォ・ロッソは話している。

今回のカプセルコレクションでは、DIESELのデニムジャケットやスウェット、Tシャツをベースに、8組のデザイナーやアーティストがそれぞれに個性豊かな表現を行なっている。フォトグラフィック、 イラスト、カリグラフィーやタイポグラフィーなど多種多様な表現が用いられている。参加したのは、LAのマルチビジュアルアーティストCali Thornhill DeWittと、日本発のアップサイクリングブランド、READYMADEのデザイナー 細川雄太によるコラボプロジェクトは親交の深いジャンルの違う2人のデザイナーから見たDIESELのヒストリーを デザインに落としこんだ

デザイナーのDETTO Kがスタートさせたレトロフューチャーをキーワードに新たなスタイルを提案するD.TT.KはDIESELが設立された1970年代に思い描かれていた近未来像に現れる幾何学的なグラデーションを落とし込んだという3つのウエアを展開

さらにアメリカやヨーロッパなどグローバルに活動する写真家/映像作家の植田光二と、個展から企業とのコラボレーションまで幅広く活躍する人気グラフィックデザイナー河村康輔による共同プロジェクトは「意識的無意識」をテーマにした作品をプリントしたアイテムが。またOFF-WHITE TOKYOのスタッフであり、東京のファッションアイコンの一人でもある女性デザイナーMAOが 2018年にスタートしたROGICはペイズリーを軸にDIESELのポップさ、GR8の華やかさを表現するため、明るい色、柄を多く使用したアイテム群など、計8組が参加する。

Info

【お問い合わせ】 ディーゼルジャパン TEL0120-55-1978

related

DIESELとCOCA-COLAのコラボカプセルコレクションが登場|1日限定でポップアップイベントも開催

DIESELとCOCA-COLAがリサイクル素材を取り入れた最先端のカプセルコレクション『THE (RE)COLLECTION』をリリースする。

Gosha Rubchinskiyの新レーベル『GR-UNIFORMA』とDIESEL RED TAGのコラボレーション

DIESELのDNAを理解する新世代の革新的デザイナーを招聘し、彼らがデザインしたカプセルコレクションをリリースするプラットフォームDIESEL RED TAGが、新たなコラボレーション相手としてGosha Rubchinskiyが手掛けるマルチメディアプロジェクトをベースとする新しいレーベルGR-UNIFORMAをチョイスした。

Billie EilishとGR8のカプセルコレクションが発売

今年リリースしたデビューアルバム『WHEN WE FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が、大きな話題となり、その芯の通った発言やファッションスタイルでも注目を集めるBillie Eilishと、GR8のカプセルコレクションが本日発売された。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。