PUMAとBig Seanによる2018 AWコラボコレクション

PUMAとラッパーのBig Seanによる2018年秋冬コレクションが、先週末に発売開始された。

世界中を駆け抜けるBig Seanのライフスタイルは、常に快適さと着やすさが優先される。そんな彼とPUMAとのコレクションでは、彼自身のライフスタイルをサポートし表現されたものに。

アメリカ中西部の秋をイメージしたカラーリングの組み合わせに汎用性、機能性など着やすさに焦点をあてたコレクションをデザイン。彼のファッションセンスを加え、プレミアムな素材を使用することでストリートウェアをラグジュアリーなスタイルに変貌させ、ゆったりとした旅行に最適なコレクションに仕上げた。

またPUMAのクラシックスタイルにプレミアムな素材と薄いカーキやダークオリーブ、バーチといった秋をイメージするカラーに加え、シグネチャーのデザインである「D」のブランディングがコレクション全てに使用。プログレッシブでハイエンドのストリートコレクションが 誕生した。

今回のコレクションは豊富な色使いと素材使いでアップデートされたプーマの伝統的なスポーツスタイルが特徴。アパレルとアクセサリーは、ウィンタースタイルを感じさせるコーデュロイ、フリース、チェックフランネルを使用した生地の組み合わせにトーナルカラーのコンビネーションを用いている。またテープのディテールと、「D」とキャットマークのロゴは全アイテムに使用している。

シューズでは全てコートスタイルでSwede、Clyde、新しいスタイルであるブレーカーが登場。様々な素材を用いたナチュラルカラーのアッパーにはエンボスでブランディングが表現され、ヒールにはアパレル同様にテープがアクセントとして施されている。またアウトソールはコレクション共通のグリーンで統一された。

このコレクションは8/25(土)からオンライン、PUMAストア他の限定店舗で発売中だ。

Info

PUMA お客様サービス 0120-125-150

related

Big Seanが「今ラッパー同士がビーフをすることには意味が無い」と語る

近日中にニューアルバム『Detroit 2』をリリース予定のBig Sean。そんな彼が、ラッパー同士のビーフについての持論を語り話題を呼んでいる。

『ブラックパンサー』などで知られる俳優チャドウィック・ボーズマンの死をDrake、Big Sean、Pharrell Williamsらが追悼

MARVELの『ブラックパンサー』で主演を務めたことで知られる俳優のチャドウィック・ボーズマンが8月28日、以前より闘病を続けていた結腸がんを原因に43歳でこの世を去った。スターの早すぎる死に悲しみが広がる中、ヒップホップシーンからも追悼の声が寄せられている。

Travis Scottが自身のラジオ番組でBig SeanやYoung Thugとコラボした新曲3曲を初披露

先日はKanye Westの新曲“Wash Us In The Blood“に参加したことでも話題を呼んだTravis Scott。そんな彼が、自身のラジオ番組.wav Radioの最新エピソードを約2年ぶりに公開。そこで、Big SeanやYoung Thugとのコラボ曲となる新曲たちを初披露した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。