Juice WRLDとSki Mask The Slump Godが絶望を乗り越える方法について語る

“Lucid Dreams”などのヒットで知られるラッパーのJuice WRLDと今年のXXL Freshmanにも選ばれたSki Mask The Slump Godの二人が、絶望やどん底と呼べるような状況から抜け出すための方法をMontrealityのインタビューにて語っている。

絶望や憂鬱をテーマにした楽曲を多く発表しているJuice WRLDは絶望を「誰しもが捉われているような場所」であると定義しており、「例えば大学に行っている人が学位を得るために沢山のお金を使って、その学位が役に立つようなことさえせず、死ぬまで毎日オフィスで働いていたりするだろ。彼らは絶望の中にいるんだ」と具体的な例を挙げた。続けて「混乱して何をしていいのか分からないような状況にいたら、それが絶望しているってことだ」と絶望の定義を補足したJuice WRLDは、どうやら絶望とは身近で誰にでも起こりうるような物だということが言いたいようだ。

また、Juice WRLDは恋人のどちらか一方がもう一人を管理し支配しているような状態も絶望であると語り、「彼女は君が捉われている絶望の門番で、君は彼女の元から去ることによってそこから抜け出さなきゃいけない」と支配的な恋人と別れることを勧めている。

Ski Mask The Slump Godも自身の絶望に対する考え方を明らかにし、「絶望っていうのは、説明するのは難しいけど、誰かを目覚めさせることが出来ないということだ。それは人生の中で必ず経験しなきゃいけないことだし、自分自身を目覚めさせなくちゃいけないんだ」と、絶望を経験することで人は成長するという考えを説明している。

二人は同じインタビューでDrakeについても触れており、彼を「ラップゲームにおける絶望の門番」であるとして、Drakeを超えていかなければいけないということを語った。Ski Mask The Slump Godは「Drakeにはカルチャーのためにやらなきゃいけないことが沢山ある」と語り、彼に対するリスペクトを表明している。

インタビューはYouTubeにて公開されている。自身の置かれている絶望的な状況に悩んでいる人は、二人の言葉に耳を傾けることで、そこから抜け出すためのヒントを得られるかもしれない。

RELATED

Juice WRLDが現在のラップシーンに対して「クソ生温い」と語る

3月にリリースした2ndソロアルバム『Death Race For Love』が、全米アルバムチャートで1位を獲得したJuice WRLD。彼は3月29日に公開されたNMEのインタビューの中で、現在のラップシーンに対して一石を投じている。

Juice WRLDが初めて全米アルバムチャートで1位を獲得する

Juice WRLDの2ndソロアルバム『Death Race For Love』が全米アルバムチャートで1位を獲得した。これは彼にとって初めての快挙となる。今作は発売1週間で16.5万枚を売り上げ、現時点で2019年最もストリーミング再生されたラップ・R&Bミュージックとなる。

Juice WRLDがニューアルバムの楽曲は全てフリースタイルだと主張

昨年、リリースした“Lucid Dreams”をきっかけに一躍人気ラッパーの1人となったJuice WRLD。先日、待望のニューアルバム『Death Race for Love』をリリースした彼だが、自身のTwitterにて衝撃的な事実を明かしている。なんとニューアルバムの楽曲は全てフリースタイルだと主張したのだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。